ウッドベルツアーズ

安易な貧困問題の取り上げられ方   

2009年11月04日



時々、フィリピンのスモーキーマウンテンなどの近くに住む住人達が、貧困家庭でご飯も食べられない、劣悪な環境の中で生活する人達、だとか、いう理由で、時々新聞、雑誌、メディア(TV)に取り上げられる。
確かに、ゴミの山をあさり、ゴミのガスがいたるところでくすぶり、異臭を放つゴミ山の環境で、ごみの中からリサイクルできる物を探す!!元々ゴミである物の中から、金目の物を探す事は、すごく困難な事だ!
しかしそこには、究極のリサイクル活動がある。
お金が無いとか、貧しいとか、家が粗末だと言う事が、けして、可哀想な訳ではない。
ともすれば自分達より、貧しいから、可哀想だ?お金が無いから、貧困だから、可愛そうだなど、上目線でものを言う、お涙ちょうだいの人達がいる。
貧困家庭を題材に、ドキュメンタリーを作り募金活動、や寄付を募っている人もいる。
確かに、お金の無い暮らしはつらい、毎日ご飯を食べられない事は悲しい、しかしだからと言って、死ぬわけではない。
5年前に出会った、スモーキーマウンテンに住む、貧困の子供達は、それなりに大きくなっているし、それなりにご飯を食べて元気にゴミ山で、仕事をしている。
自分達より貧しい、お金が無いことが、貧困の問題ではない、そこには、いたわりあい、相互扶助で、融通しあう人間達がいる。
そこに、近代文明の産物である、競争社会や消費、欲望、使い捨て、文明を持ち込んでどうする?
勉強し競い合い、人を押しのけ隣の人間を足蹴にして、金や権力を握る、そんな金持ち人間を、増やそうとでも思っているのだろうか?
無知な子供達は、勉強したいと、テレビの画面で訴える?しかし勉強が、どういったことかは?何も知らない。
勉強には努力がいる、計算も出来なければいけないし、覚えなければいけないこともある、時にはテストだってある。
日本には、何不自由な事の無い、勉強嫌いな子供が、大勢いるでは無いか!
勉強し、上を目指し、より良い場所を確保するには、苦労や苦学に耐えなければ成らない覚悟がいる。
学び場には、己自身が耐えなければならない苦悩があるなんて、知りもしない子供達に、勉強の機会を!などという前に!!
いや、お金の寄付を募る前に、この社会悪を、構築している支配層の人間を、より太らせている現実を!改めることこそ先決である。
働きもしない野のスズメに食物を与え、野山の草花によりよく美しく着飾る事を教える天然の自然は、人の生活に悪さは与えない。
人は、人の上に立とうとして、人に害をあたえるのであり、そんな人災の被害に遭う、弱い人達がいるだけである。
貧困の問題こそ、上に立つ政治の問題であり、搾取の問題である事を、認識してもらいたい。
そんなドキュメンタリーを作ってほしいと熱望する。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP