ウッドベルツアーズ

フィリピンの歴史は侵略の歴史   

2009年11月07日



遠い昔、フィリピンはスペインに、統治侵略をされます。
それからずーと植民地としての、歴史が刻まれてゆくのです。
それこそ、つまり、白人支配の歴史の中で、白人優位の社会が、構築されてゆきます。
唯一、その白人支配に、アジアで唯一抵抗した国が有ります、それが極東の島国、日本なのです。
第2次世界大戦の、戦争の動機の一つ、白人優位に対する抵抗で!あった事に、間違いは無いのですが?
ここフィリピンの、日本による管理統治は、3年程度しかありませんでしたが、日本の統治下にあったがゆえに、この国は、独立をなしえたと言っても過言では無いという、事実もご存知でしょうか?
それは、日本の統治の仕方が、基礎になります。
村の構築と、見張りの組織、隣組、日本は、日本語を教えるため、学校(教育の組織を作ります)そして治安維持のため、警察官と、学校の先生を2人ペアーで村に送り込みます。
フィリピンの歴史始まって以来、初めて奴隷、農民の階層まで、教育と言う文字と、学問の訓練の場を与えたのです。
集団の組織化と、つながりを持つことが初めて許され、村と村、個人と個人のつながりが出来たのです。
それ以前の統治では、庶民は白人の奴隷的な支配で、無知文盲を強いられ、個人個人はバラバラにされ、家族のみの集団。
そして、宗教で、神と地主えの忠誠が教え込まれ、その土地に縛られ、教育はほどこされず、牛や馬、また豚の扱いです。
アメリカ大陸に、アフリカから連れてこられた、黒人の奴隷開放以前の、黒人奴隷支配と、同じ論理で縛られていたのです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP