ウッドベルツアーズ

神風記念碑に慰霊参拝   

2010年03月06日

日本から訪れた、お客さんに付いて、神風(しんぷう)記念碑を訪れた。
日本の九州、明太子のお国から来られた、7人組のお客さんたちである。
私のブログで、しんぷう特別攻撃隊を紹介して、初めて、ご案内を引き受けた、慰霊者の方々でした。
私は、決して戦争肯定者ではありません、むしろ戦争は憎むべき事柄だと、確信している一人です。
しかし、ここフィリピンで、お亡くなりになった、幾万の将兵に、祖国のために戦っていただいた感謝と、彼らの屍の上に、成り立っている繁栄に思いをはせ、心からの哀悼を捧げる事に、間違いはありません。
花束も供えられ、感激しています、二度と戦争は起こすべきではないという、お気持ちも、お聞きいたしました(同感です)
それと共に、心を合わせ、敬礼をされた、この方々も、思いは同じ、心から、深く、感謝を述べる次第であります。
戦争を知らない世代が増えた、今日この頃、いくら口をすっぱくして叫んでも、関心はどんどん薄れていきます。
今ここで生かされている事こそ、何も言わず、死んでいった、若き飛行機野朗達、海軍飛行隊のわが先達者に、望まれて、生かされているのかも?しれません。
心を寄せる想いとしては、時代が時代なら、私も、同じ道を、たどったのでしょう!!
そんな思いを持ちながら、現代を生きる者として、その責任の何分の一か!でも、お返しが出来るなら、ここにいて、皆さんに、紹介を続けて行きたいと、思っています。
日本兵は、敵と戦う前に、この国では、飢えや!病気と、闘わなければなりませんでした。
日本軍には、後方支援、補給路という考えはありません、あったにせよ戦局は悪化し、大本営にしても、もはや!そんな余裕は
無かったのでしょう?
日本軍の兵士達は、全て現地調達で賄わねばなりませんでした。
その為、いらぬ殺生もしたでしょう、フィリピンの人々に、大変なご迷惑もかけたでしょう!
そんな時代といえば、それだけですが、今ここで、いや!ここだからこそ、民間ドネイションだったり?
繁栄を招いた人たち、としての、慰霊という考え方に、たち帰って、いきたいのです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP