ウッドベルツアーズ

フィリピン人ワーカーの話   

2010年03月21日

帰りの飛行機の中で、一人の企業戦士との、出会いがあった。
日本から3年間の任期で出向して来ていると言うのだ。(当人は3年で、返してもらえるか、どうか?心配しておられたが!)
すでに半年が過ぎ、フィリピンで一番大変と感じることは、フィリピン人と向き合い、フィリピン人に物事(仕事)を理解させると言う事だと言う。
どうも!理解力が、乏しいと言う、ワーカーのレベルの問題が、前途に大きくのしかかっている?と言う趣旨の話をされたのだ。
もっとも、その話だけではなく、いろいろな話に、花が咲き、帰りの飛行機の時間が、少し短く感じられた。
しかし、核心を突いた、ワーカーのレベルの問題は、フィリピン国の一番端的な問題を示している。
何故なら、国内に残っている人たちは、海外の就職レベルに、達しない人達ばかりなのである。
少し優秀なら、すぐに海外への、労働移民として国を出てしまう、なぜなら、この国の内に、彼ら労働者の魅力ある職場は少ないのだ。
給料は、安く押さえられたまま、処遇も悪く、契約期間が短く、正規社員とは言えず将来に、希望すら持てない。
海外の企業も、もう少し良質な労働者を得るために、特別待遇とかの枠を増やし、レベル以上の人材を育てる試みをしてほしいものだ!
世の中(フィリピン)に優秀な人が増えないと、この国は、なんともならない!!
そんな底辺が流出する国なのである、嘆くばかりでは、それこそ、なんともならない。
そんな事に気が付いた、日本の駐在員諸氏に、期待することは、多いのだが?!!
にほんブログ村 海外生活ブログへ

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP