ウッドベルツアーズ

ホーリーウィーク   

2010年04月06日

3月末から、4月はじめにかけてフィリピンはホーリーウィークに入り(これは聖書によるキリストが十字架に掛けられ処刑される日)
これを、記念してフィリピンは長い休みに入ります。
多くの人は田舎に帰り、ここフィールズのフィリピーナ(ダンサー)達も多くは田舎に帰ります。
ここフィールズを訪れる、人も、少し減り、歩く人達も疎らに、なったり、観光客もたぶん?少ない状態です。
特に4月の、2日、3日はSMシューマートも休みになりますし、他の、商店も、多くシャッターを閉め、休みます。
道々には、大きな十字架を担ぐ若者や、自分の背中を、いばらの鞭で叩き、背中、じゅうキズだらけ、血だらけの若者達が行進します。
そんな姿の、多くのチームが、行進を繰り返し、道々に、多く見られます。(キリストの受難を追体験する為だそうです)
私達日本人には、少し異様に感じますが、これはフィリピンの恒例だと言います。
しかし、この国の人々にとっては、神様は、何の意味を持つのでしょう。
神様は、この国の人たちに何を、授けたのでしょう?受難でしょうか?貧乏でしょうか?過酷さでしょうか?不平等でしょうか?
支配者がまだ、この国には、居ます。
神のもとの平等というには、貧富の差がありすぎますし、人の命が軽視されすぎています。
受難を受け、それを克服しなさい!という啓示なのでしょうか?
にほんブログ村 海外生活ブログへ

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP