ウッドベルツアーズ

結婚式にて   

2010年05月09日

本日は息子の結婚式でした。
式も無事に終わり、私も胸を撫で下ろしています。
親としては、お金を出すくらいしか、何もしてやれませんでしたが、カンパイの時の即興スピーチ。
式の披露宴後、親戚の取ったビデオを見ながら、何を話したか、書き留めたものです。
以下スピーチの内容です!
本日は、お忙しい中、2人の為に、賑々しく、お集まりいただきまして、まことにありがとうございます。
本日、皆様の、前で、挙式いたしました、新郎新婦では、ございますが、まだ二人は、若く、これからも、ここに、ご来席の、皆様がたに、いろいろ、ご指導、ご鞭撻を、お願いしなければ、ならない事が、たびたび、出て、まいる事でしょう!
そのときは、二人の為に!おおいに、愛の鞭を振るって、いただければと、私、父親、の、立場でございますが!ご見識ある、皆様に、お願いを、ここに申し上げます。
ういういしい、この二人を見るに付け、自分の時の事を、思い出して、しまいました!
私も未熟で、世の中のことが、中途半端に、見えては、いたものの、未熟が、先に立ち、不安も大きかった、と言う事を、覚えております。
結婚して30年も、たちますと、私共のように、男も女も、大きく変ります、変り行く、様をたとえた、こんな話もございます。
男として、好きで、一緒に、なりたての頃の、新婦は、本当に、食べてしまいたい、くらいに可愛かった。
しかし、十年たって思うことは、あの時食べときゃよかった!
出会いがあり、結婚は、スタートでも、あります、迷って、いるだけでは何事も、始まりません。
イエスと出るか、ノーと出るか!ノーを恐れて、せっかくのチャンスを、失うのは、お互いのために不幸です。
又、結果が、どう出るか!解からない、からこそ、人生は、面白いとも、いえます。
運命の、男と女は、それぞれの小指に、目に見えない、赤い糸で、結ばれて、いて、お互いを求め合うと、若い頃、読んだ、太宰治の『津軽』と、いう作品に、出てくる、話にも、あります。
本日結婚いたしましたこの二人にも、真に、お互いを求め合う、何かがあったのでしょう?
若い新妻にも、一言申し上げておきましょう!。
あなたを、ここまで育て上げた、ご両親も、胸が潰れん位の、想いで、あなたが、選んだこの道で、真に、幸福になれる、ならば!と、願って、送り出してくださるのです。
親であれば、子供の為、誰でも、心からそう願うのです。
新郎には、そんなお嬢さんを、迎え入れるという、ことを、忘れないで、ほしいと思います。
人生は楽しい事ばかりではありません、これから、女房として、夫や子供の、ために、思い、悩む、事もあるでしょう。
山あり、谷あり、喧嘩ありで、時には、主人として、女房、子供が、疎ましく、感じることも、あるでしょう。
しかし、結婚の楽しみは、墓場まで、続く、夫婦の会話にあるとも言います。
苦労はしても、きっと、笑い話になるときが、やって来るでしょう!
新郎においては、何はともあれ、結婚を、決意した事は、君の人生の中で素晴らしい事です。
良妻をめとったならば、きっと幸福になれるでしょう!、しかし良妻でなければ、君は、哲学者に、なれるでしょう!
何はともあれ、本日は、本当に、おめでとうございます!
これから夫婦で社会という、大海原に、船出する、二人の人生の門出を祝い、乾杯をお願いします。
皆様の、前にある、グラスを上げて、結婚おめでとう!カンパイ~!!
にほんブログ村 海外生活ブログへ

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP