ウッドベルツアーズ

海外では、自分を写す鏡を持て!   

2010年05月19日

世は、グロバールになってきた、人の移動が自由になり、誰でも!何処の国にも、行ったり、住んだり出来る時代になった。
そんな時代で有ればこそ、逆に日本人とは、自分とは、という事を、自分の心や頭に、しっかりと持たねば成りません。
自己認識(日本、日本人とは何か)を明確に持たなければ、その国の課題や、社会問題が見えてきませんし考える事ができません。
自分とは何か?を知ろうとするなら、日本人の中の自分と、その背景を背負った考え方の自分像、その姿を見るための鏡が必要です。
自慮的にしか自分を見られない多くの日本人は、自分を映す鏡がたいていの場合歪がんでいます。
正しくゆがみの無い鏡とは、日本の正しい歴史観(自分の国を正しく知り生きてきた環境を正しく悟る)ということです。
歪んだ歴史観には歪んだ自画像しか写りません。
外国に行くと自国や自分がよりよく見えるようになるというのは、見方を変えれば、外国と言う鏡に自分と日本を映したからに過ぎません。
この原理で、輪郭がボケて、あいまいになった自分の像も、外国と言う明らかに色目の違う地の上に置くと、くつきりと浮かび上がります。
他者である外国をを知ることは、そのまま自分を知ることです、国外だと言う事をはっきり意識する事で、自分の弱さや欠けているもの、強い部分や、優れている事も、はっきりしてきます。
脅威やリスクを見てみぬ振りをして、対立を避け、誰とでも仲良くしようというのは、行き着くところ『滅びの哲学』でしかありません。
敵を知り、己を知ることが大切です。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP