ウッドベルツアーズ

坂本竜馬(1866年満32歳にて没)   

2010年09月01日


大河ドラマを見た、いまさらという人も多いだろうが今から、わずか144年前の事である。
彼が成した偉業は、薩長連合と、大政奉還のこの2っだと言われている。
未だ近代化に遅れをとる日本、諸外国から日本の国と国民を守る為、疲弊するだけの内戦を起こさず!(無血革命を目指す)
幕府の結んだフランスとの不平等条約を対等に戻す為、彼が仕組んだ作戦でもあった!!
彼の構想には、諸外国と交易を元に国を富ます海運業も念頭にあった。(これは岩崎弥太郎、今の三菱グループ創始者に受け継がれた)
国を憂う、多くの勤皇の志士の血が流され、幕末から~明治維新へと向かうのである。
(しかし新政府が落ち着きを取り戻すには20年掛かった!)
今日、日本は、いろんな危機を乗り越えてきたが、いま、また日本は、世界の中で第3の危機を迎えているのだ!
第一は、幕末に世界から狙われ、第二は(アメリカ)との世界大戦に破れ、占領されたが、復興を成し遂げた!(やはり復興安定を勝ち取るのに20年掛かった)
第三は、アメリカ発の金融危機である、これは今までの、きったはったの世界ではないが、血は目に見えては出てこない。
が!これまで以上に恐ろしい!見えない原爆(世界経済を壊す)といったほうが正解なのかもしれない!
今の日本では、少子高齢化の進む中、円高で国の空洞化に拍車が掛かり、失業率も統計に載らない数字を入れれば実質はXX%?
財政赤字は孫や、その子の代まで重くのしかかるほどの数字!!
今の現実は、未来的には、国が崩壊する危険をはらんでいる!
なのに国内では与党、民主党の党内で政権争いをし(小沢対管)の考えには国民不在の感がある。
(水面下の密室政治など訳が解らないが、政治家だけが元気に動き回る姿をテレビで見ている)
歴史の中で死んでいった、国の行く末を考えた人達に、もう少し思いをはせてほしいと思う!
金融政策では(低金利のお金を排出する)またミニバブルが再燃するような政策に方向転換するらしい!
現実には、企業は金余り、デフレ、インフレ、円高、株安に振れている!
でも企業は、大変大変と言いつつ円高である事には、もう恐怖感はあまり無い!
加工貿易で輸出関連の企業は大変などと、幻想を持つのは、知識の浅いまたは無い一般人だけである。
にほんブログ村 海外生活ブログへ

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP