ウッドベルツアーズ

フィリピンパブの末路   

2010年09月12日


テレビを見ていたらこんなニュースが飛び込んできた。
岐阜市のだ町にあるフィリピンパブ(ライトハウス)の経営者による、子供手当ての詐欺が発覚したという内容の報道であった。
この男性の妻が、フィリピン人で、女性の産んだ子供の住民票はあるが、実態がなく!。。。。
子供のいる気配もないが、子供手当の支給対象となり、行政より子供手当が支払わ られていた!
実質口座を管理するパブの経営者(男性)に、フィリピンの出生証明があるので、長年にわたり支給されていたらしい。
今回、実施された調査により、子供手当の詐欺として調べられているという。
一時はフィリピンのタレント達によリ、大いに繁盛していたフィリピンパブも、肝心のタレントが入らないという状態になり現状は、潰れたり、青息吐息という状態になっているという。
このパブの経営者も、ご他聞に漏れず金銭的に、行き詰まっていたのかもしれない?
その報道があった翌日には、7人の新たな子供手当て不正受給の実態が明らかになった。
これらの疑いのある家庭は、妻はフィリピン人で、多くは日本人とフィリピン人の間で、作られた子供ではあるが!
多くの場合、すでに女性だけが帰国をし、子供の登録だけが残るという実態らしい。(子供の行方もわからない)
昔、華やかなフィリピンパブの女性達は今どうしているのだろう?
昔、隆盛を誇ったフィリピンパブの末路と同じ人生を生きているのだろうか?
にほんブログ村 海外生活ブログへ

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP