ウッドベルツアーズ

粗悪な考えのワーカー!   

2011年01月15日

3年勤めたコックが辞めた、慢心の上の失敗で、私が怒ったのが原因だ!
この国のワーカーには、我慢と言う言葉がない、この国のワーカーは、ほめて使えと言われていたが?(その様にして来た)
それにも限度がある、権限を与えれば、すぐその上にあぐらをかく!。(自分では率先して働かなくなる)
教えた事の分量をすぐ目分量にする、それでもセンスがよければ!そう狂いはしないが!それを適当に下の者に教える!
いや!適当にしか、教えない!そしてどんどん味が遠くなって行く!
しかし店には、いつも私がいて、目を配り、そんな味を修正しているので、ひどく本流からは離れないが!
しかし、新しい者に、作り方を指導し、教えていると、機嫌が悪い。(私はそんな事は気にしないのでいつも無視)
今回、年末年始の出勤スケジュール、クリスマス(25日)に店自体も休みを取るので、新年の休みは誰も出来ないと決まっている!
しかし彼は、ほかの代理を使い一番忙しい時に休みを取った!。(以前から話があれば調整し対処する事もある)
自分は、この店にとって大事な人間だ!!絶対!首にはされないだろう?。(と考えていたに相違ない)
彼の、望みは、できるだけ尊重し、かなえてきた、実際、良い腕と、感覚、感性を持っていた!
だからこそ!可愛がり、良い所を、伸ばしてもきた!。(仕事にわがままは許されない、そんな事は当たり前)
いろんな技術も教えた!しかし教えても、出来ないことがあった!
店の料理作りは、チームで作る!と、言うこと、と教えたことを、次の人にも正確に教える事、分量の正確さ、これで良いか?自分をチェックする事!この3点である。
自信があるのは、良い!しかし、謙虚さがない!見よう見まねだけでは、限界がある。
料理には、理論も必要だ!知らないことを知るには、教えを請う以外にない!
知らないとは、口が裂けても言わないが、勉強をしない!
教えられることは、馬鹿にされたと、考えるからである?
こういう考え方は、私にはわからない?が、どうもフィリピン人全体にこういう傾向があるみたいだ!!
ほめて教える、それにも限界がある?・・・ほんに人と向き合う!というのは骨が折れる!!
これでは、技術の習得ができる筈がない!今回、私がぶつかった!難しい問題だ!!
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP