ウッドベルツアーズ

怒られた意味   

2011年01月20日

あほか!そんなもん!!誰か(お客さん)に、この地区から不動産を預かってきたのか?!その地区に当社の売り物件や、仲介物件があるのか?
いや!ありませんが!見てこようか?と思いまして?それなら足で稼いで、見て来て地図に書き込め。
(それ位やってもバチは当たらん)
古い地図なら、道が動くんか?!区割りが変わるのか?!お客も無く、調査や、売りの情報も買いの情報も、まだ出てない所の地図に、なんで?5千円もださなあかん!
どぶに捨てるのと同じや!自分で行って見てこんかい!最近売れた家の、値段の情報でもつかんで来い!と!!
*後日、また説教された!!
お客さんが2,800万円で売りたい家を預かり、帰って会社の上司に報告すれば!
このバカ者!!と怒こられ、またこ一時間ほど説教された!。(土地建物の写真と物件情報を見て)
おまえ!この値段で、この家が売れるんかい?いえ!この値段で、売りたいと家主さんが言われるので!!
それならどうして、この値段では売れません!と断らんかった!!”だってお客さんですから?”
バカタレ!売れんものを預かり、塩ずけにしたら、それこそ会社の信用問題だろう!(どこから給料をもらっとる、もらっている当社の信用を傷つけるのか!!)
ものには、適正値段と言うものがある、売主が買った値段、売りたい値段ではない!この家なら、この値段で『ほしい!』買いたい!と、思わせる事が出来る値段だ!
もし以前、近所に売れた家の値段があるのなら、それがきっと、それに見合うことが出来る値段のはずだ?(聞いて来てから言え)
市場調査を徹底して、この値段で売りましょうと逆提案し、売主に納得させてから、会社に戻り報告せよ!(もって、こんかい!)
その誠実さが、信用に変わるし、絶対売れる!!売れるか、売れんか?解からない自信の無さが、お前のボケじゃ!!
*営業セールスマンが、こりゃ売れない!と思えばその物件は、絶対売れない。(よう覚えとき、このボケナス!)
今回、預かったこの家が、2800円ならお前は買うか?”ハイ!とりあえず2800円なら買っときます!
そうやろ!誰でも2800万が2800円なら買うやろ!もう売れたがな!!お前が買うからな!
誰でも、この値段なら買うという、ぎりぎりの線を見定めるんや!それが、売主、買主の、納得して決める線ならOKやで!!
ええかげんな返事は、やめとかんかい!このあほんだら!!
後日このように、何度も怒られ説教された!でもなぜか、9年間もこの会社に勤めた、でも!この時怒られたのが、今自分の財産になってます。
*良い話を聞いた!・・・でも!この人の勤めた会社は、私の会社ではありません、その時の社長も私では、ありません。
よく怒ったり、指導したことは、同じで、よく似ていますが!念のため!
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピーナ ライブチャット

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP