ウッドベルツアーズ

子供達と向き合う   

2011年02月26日

このフィールズにはたくさん物乞いの子供達がいる。
先日フィールズを友人と歩いていたら、2人の兄弟の物乞いにしつこく追い回された。
近くに警官がいるのに!その子供達のことはまったく無視!
私の友人が子供達に言った!
しつこくお金を頂だいなんて!まつわり付くとポリスに捕まるぞ!?
しかし、この子どもは、ひるみもせずにお腹がすいた!弟も何か食べたい!と必死に懇願してくる。
わかった!!じゃあ!ポリボックスで、何かもらおう?と一緒に連れ立って警察官詰め所に行った。
子供達がこじきの真似をして、物乞いしている!それを見て見ぬ振りをする警官もいる?!
こんな事ではだめでしょう?これは国の責任で何とかすべきだ!外国人に物をたかるのは国家の恥ではないのか?の質問に!
イヤ!これはこの子供達の親の責任で、国や、警官の、仕事ではないと!きっぱり切り捨てる。
しかし!もし親が子供達の育児を放棄するならば、それは国家の責任で面倒を見るべきだろう?!!
比国には、そのセクションが無いのか?いや無い訳ではないが!との返事に、では連絡を取ったら?との申し入れに!
電話をかけるも?相手が不在との返事!!ではこの子供達をどうする?ポリボックスで預かるのか?
いやそれは出来ない!君が養子にして面倒を見ればよい!と、逆提案されるに至った!
友人は言う、私は旅行者、そんな暇も金も無い!!自国民の事に外人を巻き込むのか?(実に迷惑そうな表情が伺える)
いくつかのやり取りはあったが!結局貧しい国民いや!!貧しい親が子供をほったらかしにするのが悪い!!(責任は親にある)
しょうがない!金のあるやっが貧しい子供に金をやるのが当たり前で、国は関係ない!との、前の論議に終始する。
国家公務員である上級警官(所長)でもこの程度の知識しかない!
完全に、貧乏人の子供の未来は、閉ざされている。
後は、小金持ちを狙い、引ったくりか?泥棒か?未来には監獄の壁か?この国の現実である!
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP