ウッドベルツアーズ

緊急入院した人   

2011年03月01日

店の近くのナタリアホテルに宿泊中の男性Tさん(日本人)ホテルスタッフから、3階の部屋で倒れていると通報があった。
丁度そのとき7階に宿泊していたxさん(イニシャルも載せない約束)ホテルの要請で部屋の中に入って、その日本人の様子を見た。
男性は67歳 M・Tさんオシッコまみれで床に倒れている!!ホテルスタッフが抱きかかえべットに戻すところだった。
本人は口がきけずア・ワ・ワ・ワ・・・としか言わず半分意識が無い。(しきりにホテルの金庫を気にしている)
救急車とも思ったが!すぐ車を呼んで救急病棟のあるAUF病院へ運んび、とにかく緊急事態だと話しICUに入れてもらったそうだ!!
M・Tさんの比人の友人から話を聞き、私もすぐ病院にかけつけたが!まだ意識が朦朧として話が良く解からない!
困った!!と頭を抱えていると、そこにXさんが戻って来て、話を聞き、また話をした。
日本大使館に通報し、ホテルの貴重品(パスポートやお金の類)旅行カバン、は預かっているが!
彼の3台有ったらしい携帯電話は?見つからず!!どこかに紛失した旨の話。
彼の氏名、年齢は把握できるが!日本への連絡は、大使館員のNさんに任せて家族に連絡をとってもらう事にしたが?
丁度10年目のパスポ-トで今現在の住所がわからないとか?まだまだ問題山積である。
しかし3日間たち大使館に連絡を入れたが今日は土曜日で館員は休みだそうで、全ては連絡待ちとなった。
その間彼の持っていた現金は11万円くらい、病院からはお金の催促ばかり、もち金はデポジットや薬代ですぐ消えた。
我々見舞い組みにも、病院はICU の金を払えの話ばかり!
前回、大使館に連絡を取ったら、金は払うから病院を追い出さないようにと連絡を入れて置いたと言う?がどうなっているか?・・・と、私とXさんは顔を見合す!
昨日になって日本大使館のNさんから電話があり奥さんと連絡が取れお金を振り込んでもらったので明日そちらに行くとの連絡が入った。
これでなんとか!一安心!!良かったねー!とウッドベルのお店で、顔を見合す!(先ほど連絡に来てくれたまじめな人です)
しかし持病を持ってのアンヘレス遊びは、死と隣り合わせ!(持病のある人は此処には来ないほうが良い)
今回はX さんの機転で一命を取り留めたが!ここアンヘレスには、こういった事に関わりを持つのが嫌な人が大勢いる(事情持ちの人)
今回の突発事故の災難にもかかわらず、大勢の人が見てみぬ振りをする!かかわらない方が良いとアドバイスする人もいたそうだ!。
私もこういったことに関わるのは今回で4度目、目の前で死なれるのはこりごりであるが、此処で生きて店を開いている限りこれも運命!と思う。
不可抗力で災難に見舞われた人に、手を差しのべるのはいとわない!!
不幸中の幸いとしては、順調に回復し、ホテルの期限の3月2日帰りのチケットどうりに帰れそうだ?
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP