ウッドベルツアーズ

フィリピン人から聞いた話Ⅱ   

2011年03月16日

最近の日本で起こっている原発の事故についてフィリピン人の間でこんな風評が立っている。
日本からの汚染された空気が、フィリピンにも到達し、雨がふつたら傘なしで表に出てはいけないよ!?
エアーボムは大変なものだった? (水素ガスの爆発により原子炉を覆う、外壁が吹っ飛んだことを指すのであろう!)
もう今後!日本の人達はどうなるのか? (ウランの放射能漏れがすでに始まっているかのよう!)
フィリピンにも!もうすでに影響は出ていると言うのだ!?
こんな馬鹿な!質問を真顔でされた!空気が汚染され、もうすでに放射能汚染が始まったかのように噂が先行する。
福島第一原発の事故は、まだ東京電力からの説明放送があったばかり。
まだマイクロシーベルト(空間線量率の値)での放送があったばかり、そして、15日の今夜700ミリシーベルトまで
上がったと言う報告をしている管総理のテレビ会見は見た(原子力発電所に関して定められた一般の方の一年間の線量限度は1ミリシーベルト/年です。
しかし、フィリピンのテレビ、新聞では、日本の原発事故を、どのように!書き!放送しているのだろう?
人民の原子力やウランについての知的レベルが、まだかなり遅れている国での情報伝達は、慎重にしなければ、要らぬ心配をさせてしまうのではないだろうか?
私においても未知な部分が沢山あるが、冷静に落ち着いて、現実を直視し情報を収集することが大切だ!
謝った情報が拡散しないよう日本人として正確な情報をフィリピンの人達には伝えて行きたいと思う。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP