ウッドベルツアーズ

アメリカ的豊かさに疑問   

2011年03月29日

少し古いが、昔私の故郷名古屋にも、アメリカ村なるものがあった!現在の白川公園あたりである。
白いペンキに赤い屋根レンガ作りのガレージ付きで、家の中を覗けば、冷蔵庫に洗濯機ガスレンジ、テレビに車と青い芝生
どこか夢の国に行った気がした、私の中学生時代の体験である。(1965年ぐらい)
アメリカ人はこんな豊かな暮らしをしているんだ!自分も将来こんな家に住んで暮らしたいとそう思った!
こんな生活こそが男のステータスだと思っていたし、豊かな暮らし=アメリカと信じて疑わなかった。
物があふれ、近代的な生活、そして資産形成にとマンションとか家や土地を買い、車もワーゲン、アメ車、BMW、ベンツ、トヨタのクラウン何台乗り換えもしたし買って所有した!
欲望のままに、快適な生活こそが時代の最先端だと思っていた、そのために(自己実現の為)仕事も増やした、アパレルから、飲食、不動産に金融業、しかし!とどのつまりは、つわものどもが夢のあと!と水泡に帰す時代の変化があつた。
確かにたくさん儲かったが!過ぎてしまえば借金が残っただけ、無駄な開発や、無駄なものを作って来ただけ!
でもそれが豊かさへの挑戦だった、人の欲望であった。
しかし、いまや時代は変化し、周りに物があふれるより、お金を沢山稼ぎ沢山使う欲望の実現より、人が人や自然と調和し生きるスローライフが人間の実現すべき本来の姿だと言うことがわかってきた。
しかし、途上国はいまだに物の豊かさを追い求める豊かなEUの一部、アメリカ、日本を、目指しているのである。
豊かであるはずの社会が、環境を破壊し、自然を捻じ曲げ、地球を汚染し貧困を作り出す?
自分達だけの医療、自分達だけの便利さ、自分達だけの快適さの為に、金を集め、利権を取る。
株式投資とうまい事を言いギャンブルに誘い込み、社会の平等を壊し、人に競争社会と格差を生ませる。
そんな世界が良いと信じている第三世界の人達にもっと現実を知らせたほうが良いのでは?
どうしたらそんな事が出来る?・・・誰か良い知恵を出して・・・物の豊かさは人間の豊かさとは違うと!
物を輸出し金をもうける国策!でもこれは国民を富ませることは出来ても、人間の豊かさへのステップでは無い。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP