ウッドベルツアーズ

まず危険を察知したら逃げるにかぎる   

2011年04月02日

ここはまず、居場所を隠し、トラブルを避けるようにしたほうが懸命だ!と教えた。
こんなケースは、お金を取ることが主眼で、相手は誰でも良い、まず金をもっている優しそうな男が狙われただけなのだ!!
女は、まずターゲットを探し、優しい外国人を狙う、女がポリスに言う、あの男は、前の彼氏だが私を妊娠させ逃げている。
懲らしめてほしい、女の敵だ!名前と電話番号を知っているし、滞在ホテルもわかっている。
乗り込む前に、まずポリスは状況証拠を固める!
女(本人)は、他の知り合いの女に、訴えの相手の男と(彼)と付き合った事実があるか?の有無を証言させる。
たとえば店のママなどに聞く、問合せをしてもらう。
そして、女が妊娠しているかの確認、いつの時か?日数が合うか?の大雑把な訴えを調書にとる!
上司に事情聴取の許可を求める。
OKが出たら男(本人ターゲット)を拘束する (あくまでも任意のはずだが、檻に入れられる)
ここまでくれば、たいていの場合、トラブルを避ける為に、お金での解決となる。
まず女に25000ペソ、その他の関係者に50000ペソこれくらいでめでたく開放となる。
これは一つのパターンに過ぎない!いろいろな形のセットアップがある。
女のトラブルでは、家族総出で拉致監禁なんてパターンもあるし、ギヤングや善意の第3者グループなんてのもある。
相手次第で金額や内容が変わるのである。
こんな時はまず、その間は姿を消し、そそくさと一時、姿を消し逃げるが!勝ち。
居場所を変え姿が消えれば、ターゲットは、他の取りやすい、間抜けな男に移るからだ!
にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP