ウッドベルツアーズ

逃げ出した男   

2011年04月04日

夕方友人から電話があった。
友人がトラブルに巻き込まれた、このアンへから逃げなければポリス、バランガイ、そして家族の一族に捕まりそうで危険だ!と言うのである?
電話連絡の友人は、以前から付き合いのある、まじめで信頼のおけるTさん。
彼の言葉と要請で、内容は知らないが車を用意して人目を避け、指定場所と時間を確認し、落ち合い場所まで車で行った。
指定場所に着くと、友人の奥さんが合図をくれた、5分ほどすると、逃走の本人と女友達が現れ、車に乗り込んできた。
周りを警戒しながら、友人夫婦も乗り込み、マニラまで、夜の道を高速で走った!
どうしたのか?と聞きたかったがプライバシーの問題なので、あまり詳しく根掘り葉掘り聞く事は出来ない!
どうも!奥さん(リブインパートナー)とのトラブルで訴えられたらしい?
友人宅へも、ポリスとバランガイポリスが訪ねて来て、この人(逃走者)の行方を探し、逮捕拘束を目指しているとの趣旨を話し、逮捕への協力を求められた!との事であった。
しかし、その時、友人宅に居た本人達!!部屋の奥に身を隠させてもらい、奥さんの機転で難を免れた。
知り合いに頼んで、バス乗り場や、出入りのホテルをチェックしたら、すでにそこには監視の目が何人もいることが解かり危険が迫っていることを感知したそうだ!
どんな理由で訴えられた?一番聞きたい事を単刀直入に聞いた!
別れて日本へ帰ると告げたら、育児放棄で訴えられたと言うのだ!!
常にフィリピンでは、外人男に対しては、法律は女の味方、正式文章が出ないうちに国外へと言うことなのだろう?
ホールド・ディパーチャーが、掛っていないように願うしかない!
車はあるホテルの前で止まり2人を下ろし、夜中帰途に就く。
明日電話が無ければ、離比は成功したことになる。(では、また機会があれば、その後編を書く)
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピーナ ライブチャット

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP