ウッドベルツアーズ

テレビに見る一部の避難民   

2011年04月27日

日本にいることのできる滞在日数も、もう少なくなってまいりました。
フィリピンに居ると、ごく限られた情報で本当の動きが良く解りませんでしたが!
日本に帰れば、たくさんの情報が毎日テレビを通じて流されています。
毎日の新聞でも日本のトップの頭脳があれこれと、震災復興にはどうするか?原発の対処は!と事こまかに説明をしています。
私の考えた事など足元にも及びません!
着実に事は前進し、また多くの支援が被災各県や市に届き始めています。
しかし毎日テレビは、困った人々や、困窮をした人達を映し出してはいますが!
いまや!困ったという大儀の上に、国は補償せよ!東電は原発の事故の責任を取れ!行政は被災者の救援を金銭的に補償せよ!
という声ばかりが聞こえてきます。
確かにいろんな意味で迷惑をこうむった人達には補償は大切ですが、東電の一時金支払い会場に置いて、もらえる申込者が対応が遅い!100万では足らないもっと補償せよと声高に叫び!対応に追われる職員に文句を言い!罵倒する姿は醜悪に見えます。
危険があるから退避勧告をもらい、その場を離れることが、そんなに大変な事でしょうか?
命もあり、働ける元気な体も確保されるし、少ないが保証金も出る。
不慮の災害はどこにでも起きうるし、町や市に住む住民は、もともと、そこに原発があることを知っていたはずであるしもしもの事があれば、そういった事態になりかねないという責任の元に暮らしていたはずである。
普段であれば、原発の起こす電気に恩恵をこうむり、原発事業の税金で町や市村民が潤う構図が、たとえま逆になつたとしても!
もっと前向きに未来に向かって建設的な方策を探っていったほうが良いのではないでしょうか?
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピーナ ライブチャット

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP