ウッドベルツアーズ

やはり死者が出ていたアンヘレス!   

2011年06月11日

私も聞いたばかりの話なので驚きを隠せません!
以前2月に来ていたお客さん、同じ名古屋出身との事で親しく話をした記憶があります。
今日そのお友達たちが、お店に食事をしに来てくれました!
マスター前回来た時に、ほら!僕らの仲間で、ふとめで頭のはげたあの人!よく文句をいう人覚えてますか?
はい!よく覚えていますよ、時々大声でトンチンカンなことを言う人でしょ!(そうそう良く覚えてるね!)
そうなんですが、実はこの前!トロトロレストランで飯を食い、調子が悪くなりホテルに帰ったが!
夜中に下痢と腹痛を訴え、タクシーで救急病院へ運ぶも、7日後に病院で死亡されてしまいました!!(エーほんとですか!)
僕も初めての事で、病院に入れるのが精一杯、まさか亡くなるなんて思ってもいませんでした!(ここでは病院もあてにならない)
今と成っては、いろんなことが悔やまれます、まず病院の対処の下手さ!若いインターンが一人で見ていて!
金の請求ばかりで!治療は後回し、こんなことは日本の病院では、あまり経験が無いので!病院の選択もままにならない!
私)そうですね!フィリピンでは、馴れた人がいろいろ手配しないと助かるものまで助かりません!(これは本当の事です!)
私なら、症状に合わせ、アンビュランス(救急車)でマニラまで運びました!(救急医療はマニラにしか本格的なものはありません)
ここの病院は、設備が無く、あまり良くありません!苦しみの様子により、とっさの判断が明暗を分けます!
故人は、たぶん!ここの病院でまともな治療が受けられず、無知な医者により、不運な列車に乗ってしまったのでしょう!
ここの医療は、仁術ではありません、医療は算術なのです!金の無いものは見捨てられます!死んでも当たり前なのです!
外人にも金の無い人はいます、デポジット(前金)が入らなければ、治療は施されません!後では払うは、通用しないんです!
故人には気の毒ですが、今となってはどうしょうもありませんが!
もし今後こんなことがあれば、私に電話して来てください!より良い対処の方法を教えて差し上げます。
こんなことが、たびたび起こらないことを望みますが!いつどんなことが起こるかは、海外では予断を許しません。
迷惑を掛けると心配なさらないで、困った時は、フィリピンの事情をよく知る馴れた同胞に相談するのが一番です!
もうここに来て4年近く、病院に担ぎ込んだり!看病した人は6人を超えます!
今まで、死亡と言う最悪は、まだ不幸中の幸いですが!一人もいません。
勝手がわからない海外では、袖すりあうのも何かの縁!遠慮は要りません!救急の時はいつでも連絡してください!
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP