ウッドベルツアーズ

原発の現実と代替案の非現実   

2011年06月12日

私は原発推進派でもなければ、否定派でもない!あえて言うなら現実派です。
なぜなら、わが国において原発をすべて止めるというのも間尺に合わないと思うからです!
風力や、太陽光発電その他の自然エネルギーだけでは、国力(産業、生産、国民生活)の問題からしても絶対無理であろう!と思われるからです。
原発は危険だ!やめろ!と言う人達は、今まで原発の恩恵をぜんぜん受けて、こなかった人達なのだろうか?
そうではあるまい、現実の問題を突きつけられて、危ないと悟った人達であり、今までは、安全と思い込んでいた人達に違いない!
原発は安全で絶対大丈夫だと言っていた『政治家や官僚、国の役人、原発推進派の人は』すぐにでも駆けつけて瓦礫の掃除をしなさい!
それが!あなた達の使命でしょ!・・他人の命はどうでも良いなんてやつらが原発は絶対安全なんて叫んでいたやつらだ!
でも、もし!それがなかったら国の発展は望めなかったのも事実ではありませんか?・・・・?(誰でもが認めざるおえない)
もともと、エネルギー関連で、絶対安全なんてものは、実際にこの世には存在しない!あるわけがない!
なんて!書くとお前は東電の回し者か?なんて声が聞こえる?・・・(たぶん反論が来る)
しかし世の中、相反することが堂々とまかり通っているではないか?
ウソは時と共に時代を超える!
戦前、日本は、国力の差でアメリカと戦えば絶対負けると言った正統派の軍人(山本)を連合国司令長官に任じ、意思決定のポジションからはずした。
そして、アメリカなんぞには絶対負けません!なんて嘘を言った(陸海)の幕僚の人達を重用した。(結果わ現実の通り)
現実、戦争を防ぐ本当の現実的な方策は、国連軍の正規軍に参加して平和の為の戦争をすることだ!
日本人の平和憲法を守る、なんて消極的なことでは、達成は絶対に出来ない!
日本国の憲法の条を読む限り、軍隊も兵士も戦艦も無いはず、しかし実際は、自衛隊、自衛官、護衛艦などと言う物がある。
世界の人たちは我ら日本人をどう思っているのだろう?・・・・書くまでも有るまい。
なぜそんな『うそ』を守ろうとするか?軍隊を持たないと言うことで、平和が来ると!思い込んで!信じているからだ。
じゃー!今を考えてみよう!原発がなければ絶対安全か?日本は世界にもまれな地震列島、地震に噴火、津波と伝染病!
記録に残されている(史実)昔に起きた!三連続大地震に見る危険度は、原発以上では無かろうか?
いやいや!まだシニカルな人にいわせれば、原発は日本のみならず世界を恐怖に落とし入れていると、言われるだろう!
今、原発の事故で多大な被害や迷惑をこうむっておられる方々には、申し訳ないのだが!
敢えて言おう!・・・現在原発より安定的に電気を作り出す事が出来るものは、ほかには無いと!!
私は原発推進派では、決して無いと!もう一度付け加えましょう!ただ現実を冷静に考えているだけであります!
今、書いている文章で気分を害された方も多いと思いますが!!もう少しお付き合いください!
明日につづく!
にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP