ウッドベルツアーズ

6月11日土Kさんのオバンドーに行って来た。   

2011年06月14日

前回、紹介したパン配りのボランティアの、現地見学に行って来た。
マニラのモニュメント地区から、FX又はジープで約30分、オバンドーと言う地区の中にあるパレンケ(市場)の近くの、スクオーター地区の子供達に、無償でパンを配る所を見に行ったのである。
以前ブログで紹介したので、事の真実を確かめる為!前夜からKさん宅にお邪魔をした。
朝7時もうその辺には、子供達が集まり始めている!Kさんが現れると!その数がどんどん増える!
Kさんはもう子供たちが着ているのを見るや!さっそく配り始めた!
私達は、その側にいたが、要領がわからず見ているだけのお邪魔虫!!
子供達にKさんは言った!、そこに居るおじさん二人にブレス(手を頭につける目上の人に対する挨拶)をしなさいと!
子供達は、パンをもらう前に、私達の前に来て、手を頭につけ、ブレスをしてパンをもらう!
もう整然と並び、順番を待つ子供たちは、勝手には、手を出さない!もう長年配り続けているため!(成果は確実に出ている)
パンを配っても配っても、次々現れる親と子供達!は、後を絶たない!(小さな子供の手を引き現れる親子)
配り始めて15分、用意した370ケのパンはすぐ底をつき無くなった!!(5ペソX370ケ=1850ペソのパン配り)
この子供達は一袋のパンを家に持ち帰り、家族に分け与えて食べます!また学校のある子は、たいてい今パンを食べず月曜の学校へ行って食べる、お昼用にと!とっておきます。(今小学校も給食制ではない、お昼の食べれない子もいる)
こんな事しか!私には出来ません!ふびんに思っても、年金の中から出せるお金は毎週一度配るパン!自分に出来る精一杯です!!
私)いえいえ素晴らしいことです!!今後ともぜひ!続けて欲しいと思います。
言葉少なげなKさんに、共に、お尋ねした友人のTさんと共に、些少の義援金を渡し帰って来た!
アンへには、オネイちゃんには金払っても!寄付なんてとんでもないと言う人や!
貧乏人にどうして金をやら無きゃいけない!自分の為にお金を使うのは惜しくないが人の為にはイヤという人ばかり!!
私も年に1度、はだしの子供たちに、スリッパをクリスマス前に配りたいと思っていますが!
別に、だからと言って自分が良い人だとなんてことは思いません!Kさんも同じで、自分の気持ちに忠実にしているだけです!
と言われる! Kさんも、お独りで生活されています!こんなボランティアをされていても、孤独になりがちではありませんか?
いえ!こんな事をしているおかげで、周りのP人が気にかけ、心配してくれます、バランガイや警察も!
むしりろ、この辺のお祭りの際、招待され、貴賓席に座らされます!
地域として、私しの事を大事にして、守ってくれます!・・・ありがたいと感謝をしています!と言われたことが心に残る!
どうぞお体を大切にし、長生きをして、長く頑張ってほしいと思います。(心からエールを送りたいと思います)
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピーナ ライブチャット

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP