ウッドベルツアーズ

50~60代の性   

2011年06月15日

最近エイズの急増が特に60代の男性に急増中なのだとか?
日本厚労省エイズ動向委員会発表によると昨年1年間に新たに報告されたエイズ患者は469人と過去最高!
HIVへの感染者1075人で過去3番目の多さ!
特記事項では60代の新規感染者が増加していることなどの感染者の高齢化が進んでいると言う意外な事実です!
近年EDの薬が発明され、話題を読んだが、それに連れて、高齢者の性が変わってきた!
定年退職で離職者が増え、60代でも元気、そして長年勤めた分だけ!手持ち資金に余裕が出て!
海外や国内で、風俗を利用する人が増え!こんな現象をもたらしていると考えられています。
50代60代はまだまだ性の域では現役!枯れてはいません!老いてますます元気が本当のところでしょう!
だが現実に目を移すと、若さを取り戻して喜ぶあまり、感染予防を怠りパートナーである奥さんに移してしまうなどと言う!
悲劇が沢山生まれています。
本人は自業自得でしょうが!それを聞かされた奥さんは、怒り離婚をしてしまうケースや!
夫の告白も感染の事実を恐がり診察を受けようとしない奥さんや、自分の感染の事実を奥さんに打ち明けられずに悩む人など感染被害の多さ、多様さなど、意外な展開になってきています。
もう一つ問題なのは、高齢者には発見遅れが多いと言う事実だそうです!
発熱と体調が悪い事により、風か?と思い病院に行き、医者から念のためにとHIV検査を受け感染がみつかったケースが続発!
しかし、発見されてもすぐにカポジ肉腫や、カリニ肺炎を発症するケースが多いのだそうです!
でも実は、こうした高齢者の感染増は日本に限らず、ヨーロッパでは8%アメリカでは25%が50歳以上の高齢者だそうです!
これもバイアグラというEDの薬が世に出たせいでの現象だと思われる!
昔エイズと言えば死に至る病だった!が、いまではHIVに感染していたとしても早期発見し治療を始めれば日常生活を普通に送ることが出来る時代へと変化してきた!(恐がる必要は無い、あくまで感染症の一つだと考えれば良い)
しかし我らの世代では、HIVのイメージは悪い!感染が解かり!その衝撃の大きさが、気持ちに深いダメージを残します!
そして放置する事により命を落とすケースが少なくないと言う!
やはり病気は早期発見早期治療に限りますぞ!まずは感染予防を怠り無くしてくださいね!
先は短くとも、まず!それを絶対お忘れなく!
天下の宝刀は、手入れしてこそ、光り!危なげなさやには、必ずカバーが必要ですぞ!ご同輩達!!!
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP