ウッドベルツアーズ

ある交渉   

2011年06月20日

別に聞き耳を立てていたわけではない!
店内に響き渡る大声で会話をしていた人達の話が、偶然耳に聞こえてきただけの事である。
状況は日本人一人、日本語のわかる女一人、若いダンサー一人の3人
日本語のうまい女はたぶん昔ジャパ行きで、日本人の通訳の為同席しているか?バーの同僚かのどちらかである!
男はまだフィリピンの事を良く知らない人だと思われる!
*女が通訳しているが!言葉のあやを端折り内容だけをかいつまんで会話の内容とした*
男)は言う、毎月5万円づつ送金してあげる、バーをやめて俺一人の専属にならないか?
女)私には子供が1人いる、たぶんそれだけでは暮らせない!
男)そうか!ではペソで30000ペソ出そう!!これっでどうか?
女) 黙って返事が無い!
男)通訳の女に向かって、俺は日本に家族があるが、ここフィリピンだけの結婚と言うことでどうか?
通訳)女に彼は貴方と結婚したいとだけ伝える!
女)まだ考えるとだけ伝え、後は押し黙る!(しきりにTXTをしている)
男)は何も考えず、まくし立てる、フィリピンでは何でも大丈夫!ノープロブレムと!
ここまで聞いていて、あまりの男の無知と身勝手さに、ほとほとあきれる!席を立ち家に帰った!
フィリピンの事は何も知らない男!まだ女も不慣れで、家か僚に帰り!きっと先輩にいろいろ聞くのであろう!
こんな時はどうしたら良いか?と!
問題1)一旦春を売ることを覚えた女は、一人の男には仕えない!これ常識!
問題2)相場は3万ペソでは女は囲えない(ピノイなら別)今(外人)なら、だいたい5万ぺソ以上が常識!
問題3)男はどうしてフィリピンの女に貞操観念があると誤解するのか?パトロンの居ない時はボーイフレンドと過ごす、これ常識!
もう一度顔を洗って出直して来た方が良い!又は、先輩によく聞け!と言いたい!
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP