ウッドベルツアーズ

6月30日アキノ政権の発足から満1年を迎えた   

2011年07月02日

経済界は、財政再建や汚職・腐敗の摘発などで一定の成果があったとの評価を与えたと新聞で見た。
徹底した支出の抑制と徴税の強化で今年4月の財政収支は262億5,800万ペソで、過去25年で最大の黒字額を記録。
1~4月の収支も前年同期の1,318億ペソの赤字から6,100万ペソの黒字に転換した。
フィリピンの外貨建て長期債務の信用格付けを「BB」から「BBプラス」とした。
フィリピン経営者協会(MAP)のパラフォックス会長は、汚職の取り締まり強化なども含め、
1年目のアキノ政権を「辛うじて合格点」とコメントし、一定の評価を与えたようだが?
SWSが27日に公表した調査結果では、回答者の68%が「アキノ政権を評価するには時期尚早」と答えており、2年目以降に真価が問われることになりそうだ!。(私自身はあまり期待をしてはいない又同じ繰り返しかと幻滅が大きい)
しかし、フィリピンの現実は、ガソリンが54ペソ/㍑を遙かに越え、電気代が震災の日本を再び追い抜いてダントツ1位の高額となった。
今月、当店にも請求書が、メラルコから送られて来たが!
盗電や漏電などのロス分も6.8~8.2%も含まれるという異常な請求書で、独占配電会社の殿様商売に怒りを覚える。
昨年の大統領選の後、値上がりの続く請求書でしたので、株主がロペスやダンディン・コファンコなどですから選挙費用の回収だろう
なんて噂さがでていました!(もう現在選挙などは無いはずなのに、この値上がりはおかしい?)
華人財閥が国を動かす現在、中国の超インフレの影響が全く無いとは言えない社会の仕組みもきっとあるのだろうが!
インフレの進行によって、経済成長を実感できない貧困層、一般、外国人、老齢邦人にとっては非常に深刻な生活環境なのです。
全ての商店、商業活動などに、暗い影を落としています。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP