ウッドベルツアーズ

お店にホールドアッパーが入った   

2011年07月21日

よる営業終了まぎわ最後のお客さんを送り出したと同時に、2人の女性が入ってきた。
しかしこの女性らしきお客さんは、バクラ(オカマ)であった!
私は、家に帰り寝ていたので、この場には居合わせては居なかった!
従業員(コック男2人ウエイトレス女性2人)ジェーンから後で聞いた話を総合すると!以下この様であったと言う!
入ってきたオカマは2人、一人は中央の席に陣取り、一人は、キャシュカウンターをガラス越しに覗きながら!コーラを注文した。
片時も座っていない!あたりの様子を伺うばかりで挙動不審!
金庫を見据えた、その目つきがチョッとおかしいと感じたジェーンは、すぐさまウエイトレスに注文を!!
と言い集計の終わった現金を隠した。
一方中央に座ったオカマはウエイトレスとけんかを始めた!
頼んだのはコーラMAXこれは違う!にぎりしめた、ぐちゃぐちゃの千ペソ札を開いてウエイトレスに渡す。
お金を渡しながら!いろんな喧嘩を吹っかける。・・なにあんた!私が嫌いなの!でも私達はお客さんよ!
(大声で怒鳴られるような感じ!)
いいわ!いやなら帰るわよ!まだ飲んでないから支払ったお金を返して!
ウエイトレスは、キャッシャーから、ぐちゃぐちゃの千ペソを返してもらい、そのお金をそのバクラに返すも!
なにその目はバクラだと思って馬鹿にして!ウエイトレスの頭が混乱している隙に、確かに返したお金の千ペソ札を百ペソに摩り替えられ!
なに!あなたが持って来たこのお金!目の前にさし出されたのは100ペソ札!これは私のお金じゃない渡したのは千ペソ札!
千ペソ札を返して!
先ほど返したのは千ペソ札です、間違いありません、の返事に切れて、怒鳴る中央のオカマ!
責任者はどこにいる!オカマは怒り、ウエイトレスに聞く!カウンターの女は誰?ボスはどこ?
(キャッシャーも確認したが千ペソ札は残っていない)
ウエイトレスは危険を感じ!カウンターの女はキャッシャーだけ、ボスはもう帰った!と伝えた!
もう一人のオカマは外を覗き!入り口ドアをふさぐように立つ! (どうも!入り口の外にも見張り役がもう一人いた模様だ!)
いきなり中央のオカマが拳銃を抜き、カウンターに近づき、私のお金はどこ!とキャッシャーの金庫からお金を取り、すぐさま逃げた!
この間1分もない!しかし金庫には最後のお客の支払ったお金500ペソ札3枚とつり銭の1200ペソ(内小銭が2百と少し)しか残っていない!
実質取られたのは2500ペソ以内であった。
取られたお金の被害は少なかったが!スタッフ達の動揺が大きい!そのあとすぐにスタッフが私の所と、警察に走った!が!
ステイション4のポリスには、そのときの状況を聞かれ!もう店には強盗犯はいないことを確認されて!
ポリスからは、気お付ける様にと!注意を促されるのみで終わった!
一方店のスタッフは顔を引きつらせウエイトレスは涙顔!よほど拳銃を向けられたのがショックなのだろう!
ジェーンなどは涙が止まらず泣き続けている!
あまりこんな事は書くべきではないが!(お客様が心配するといけないので)お客さんが居合わせていなかったのが幸いでした!
3年10ヶ月営業で初めての出来事です!めったにある事ではありませんが!やはりフィリピンでは油断禁物です!
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP