ウッドベルツアーズ

ものもらいのバジヤオの動向   

2011年07月29日

普段ものもらいのバジヤオの女・子供達は、川原の砂地にバンブー(竹)で家を作り、そこに住んでいると聞いていた!
いつか?は、解からないが警察が、占拠地に立つ家の中の家財を放り出し、その家を壊し、沢山の不法住民を追い出したと聞いた!
その為多くのバジヤオは山の方に移住し、このバリバゴから遠ざかったらしい?と聞いたのは1ヶ月位前!
確かにその期間、一ヶ月くらい?・・・・最近その姿を見なくなっていた!
しかしそのバジヤオが又帰って来た!そしてまたバランガイポリスとの追いかけっこが始まった!
当店の前を逃げ惑うバジヤオの一団、子供や赤ん坊を抱えた女達の1団が走り去った後、ポリスが駆けていく!
他の場所では、ここほど稼げないのだろう?いくら追い払っても又戻ってくる!
お金持ちの外人が多く集まるこのフィールズ!・・・酒を飲んで気分の大きくなった人!女性の前で気前の良くなった人!
女達にモテモテで、当然財布の紐もゆるんでいる様な人、いろんな人(外人)が沢山いるのは解かっている!
だから又ここへ戻ってくる、当たり前の原理だろう!
日本のたとえのごとく猫をぼうより皿引けである。
貧困にあえぐ人達、搾取の中にある人達に自立のできる仕事か?食料かを与える政策は出来ないものだろうか?
それが出来ない以上、この追いかけっこは決してなくならないであろう。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピーナ ライブチャット

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP