ウッドベルツアーズ

最近おいでのお客様と中国の話題が出た   

2011年10月01日

別々のお客様だが話の合間に最近の中国論がたびたび登場した。
お二方ともいろんなご意見やご見識を持たれた中国通の方であった。
最近の元の国際通貨としての台頭、そして中国の経済と政情の今後についての見通しの話であった!
新聞紙上でもいろいろ言われているが!あくまでこれは私の中国論である。
まだまだ9%台の成長を続ける中国、長期的な見通しは?経済成長は維持可能か?誰もが気になるところであろう!
中国は、米国発の金融危機を克服し成長を維持した、これを一般的には中国モデルという。
これに対して米国、日本、欧州は、経済的停滞と政治的混乱の泥沼にはまりこんでしまっている。
しかし中国モデルには、政治と経済の2っの側面があり政治面ではもちろん権威主義国家(共産党の一党独裁)であるが!
指導者の退任や継承の手順を持たない、総崩れのアラブ諸国とは違い、はるかに良く制度化され機能していることは驚くべきだ!
党の指導者の任期は10年、党員の昇進は高度な能力主義に基づくし、党中央政治局常務委員会の内部では厳密な集団的意思決定制度が機能している。(故毛沢東主席のように個人が指導部を支配することを防ぐ為)
反政府派に対する中国政府の迫害は熾烈だが、他の独裁政権とは異なり、しばし民衆の抗議に応えて融和策も取る。
ブログの世界に表れる国内世論に関心を寄せ、ネット上で問題とされた役人の行為が事実であり非道であった時など降格、追放、時には処刑も行われている。
この急成長しているも両刃の権威主義の危うい部分は後で論ずるとして!
もう一つの側面、経済については明日に続ける。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP