ウッドベルツアーズ

数多く来た台風の被害!   

2011年10月11日

毎年台風シーズンには繰り返し放映される!水没にランドスライド、家屋が水浸し子供が泣き叫び援助が欲しいとコメントが流れる!
見慣れた光景にあまり感動が無い!(毎年放映される同じ姿に嫌気がさしているのは私だけだろうか?)
あまりにも同じ光景が出すぎている!洪水といえばマリキーナ、台風といえば事前に予測がつきそうなもので!
同じ場所が同じ被害でたびたび登場してくる!政府もたいがいにしたら?もっと防災の行政を強化したらどうだ!
低い低地に人を住まわせることなく、ダンボールとトタンだけのハウスから住民を移動し、セイフティネットを拡充したら?
交差点の信号をなくし、華美な街路灯を作る?時々頭を傾げたくなる!
電気代は中間層の市民に押し付け、目先の変化人気取りの業績に終始する政治家!
華美な装飾電気より、低層市民の家作り、下水整備に、台風情報の確立、避難場所の確保、まず危険な場所に家を作らない指導!
もっと台風に備えて、具体的に金をかけず対処する方法がまだかなりあると思われます。
事が起きてからでは遅すぎます、事前の対策とか!前もって非難の方法とか防災訓練とか!
非常事態に備えをして欲しいと思う!しかし現実は、何一つ機能せず、かわいそうな人達をカメラが写しだすだけではあまりにも能がない!!
こんな事を毎年繰り返している!少々頑丈な防波堤を作るより、下水道の整備をして、かぶった水をより速やかに海に戻す方が市民生活には大事!本当にこの国は優先順位がまるで違う!(素人の私でも判るようなことが出来ていない)
もし!私が大統領なら、10年でマニラを近代都市に生まれ変わらす事ができる!
思いっきり行政改革をして、外資を呼び込み、市民に仕事を確保し、税収を上げこの国を安全に、そして!個人の所得を倍増する!
でもきっと、こんな荒療治をすれば!私の命は1年と持たないであろう!(たぶん誰かの凶弾に倒れるだろう)
良い人材をつぶし、腐ったものにふたをする国では、いっまで立っても台風の被害なども、なくならないだろう!
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピーナ ライブチャット

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP