ウッドベルツアーズ

フィリピンの私設小学校~ハイスクールまでのハロウィンパーテイを見に行った!   

2011年10月29日

でもさすがにがっかりして帰って来た!(あまりにも内容が無い)
私にも昔、自分の子供達の学校の行事に出かけたことがある!
長男の時は、保育園そして次男、3男、長女と続いた長い教育という時間を掛けた時代である。
さすがに高校や大学には、あまり顔を出した記憶は無いが!幼稚園や小中学校の時は、少なからず学校の行事には参加していた!
父兄が参観に出かければちゃんとプログラムが組まれ、歌や踊りが披露されさながら小パーティの様でもあった!
しかしフィリピンの学校では、ただ扮装をして集まり、あめやキャンデーが配られて写真を撮って終わりそれだけである!
先生がステージに上がり、何かスピーチが始まるかと思えばハッピーハロインと叫んで終わり!
後はその場だけのパホーマンス!なんの練習も無くその場だけの思いつきで事が運ぶ!!(どうもそれに慣れている様子)
学校にしてこの程度、統制のなさ、まとまりの無さ、秩序の欠如!教育という立場に立ち考えると先が思いやられる!
こんな生徒が未来のフィリピンを背負って立つのかと思えば気が重くなる。
人の問題こそ教育の問題なのだ!フィリピンの学校側の問題というのが私に初めて解かった!
この国は人作りから問題があるのだ!私は今、乙美重(とみえTomie)という5才の女の子を持っている。
おもに会話は、タガログを話し、私には理解が出来ない、そこで英語を主体とした学校に入れてみた!
たしかにABCは達者になり英語でのコミュニケーションも少し出来るようになった。
が!こんな秩序の無い学校では(個人の個性は尊ばれるが)自主性は伸びない!
どうも私自身、日本の教育制度と同じなどと錯覚をしていたようだ!
危ない危ない!自分の目で確かめ、決定を下さないとダメダと思った!教育は学校に入れれば成り立つなんぞ甘すぎた。
学校にはプログラムがあり、まとまった教育の場などと勝手に考えていた私が馬鹿だった!
こんな遊びの場へ行っただけで、この学校のダメさが解かった!教室に見学に行ったら今度はどんなダメ出しを出すのであろうか?
今度は授業の教育現場に時間を作って顔を出してみようと思う!
今年1年、来年の6月までの学費は出してしまった、来年はどうするか?考え物である!
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピーナ ライブチャット

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP