ウッドベルツアーズ

この方の意見にはものすごく同感です   

2011年11月07日

ブログ・ホッピングをしていて偶然見つけた、いい内容のご意見でしたので紹介します。
個人の私感)旅行者と永住者の決定的な違いは、安全に対する考え方の違いです。
外出時の身の守り方や、食に対する安全など、根本的な部分で違っている。
在住者は危険地域には近ずきませんし、旅行者と同じ物を食べ続けていれば在住者は破産するでしょうね病院代で。
半年に1回も腹痛を起こしていたら病院代で年間の食事代が出ますよ私も12年住んでますが、1回も腹痛なんか起こしたこと無いのに、たかだか1週間程度の旅行で腹痛起こすなんて食っている物が悪すぎるとしか言いようがありません。
そんな方に食事に誘われても『腹痛起こすかも分からないのでこの店は止めましょう』とは言えませんしね。
生野菜に付いた水滴やファーストフードのソフトドリンクの氷やスーパーのカットフルーツを飲食している時点でアドベンチャーですわ。
この様な涙ぐましい努力と危機感を持って生活していかないと生活は出来ませんから此処では。
ほんに!気をつけなければいけないのは、食の安全!だから私は、この国で食堂を作ってしまいました!
そうでもしないと、自分自身の食の安全は確保できません!(旅行者ならなおさらです)
この国で生き延びるには、自分で食い物を管理しないと!いけないと言うことなのです。
食と安全には、お金をかけないと命がもちません!(当然長生きもできません)
大げさだなんて思われるかもしれませんが、本当の事です。
この人の言っている事こそ真実だ!!なんて実感を伴って賛同いたします。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP