ウッドベルツアーズ

言い訳ではありません真実です   

2011年11月30日

ここは日本ではありません、日本並みのクオリテイを望まれても出来ません。
スープは一緒に出せと口をすっぱくして言っても出しやすいものから出します。
オダーを間違えず復唱せよと言ってもなかなか出来ません、オダー忘れを繰り返します。
解決は簡単ではありません、首にすれば?何度首にしても入ってくる人のレベルが同じですので又同じ事になるのです。
人を入れ替えるのは良い選択ではありません!気長に出来るようになるのを待つのです。
最初の1年は大変でした、出来ない事、知識が無い事にイラつき何人ものコックを首にしました。
しかし、1年大変な中で、根気良く根づよく教えることに改めて人の定着に勤めました。
外から来たらまず手お洗え、まな板は一つ仕事が終わったら毎回洗え、機械の下も毎日掃除せよ、ゴキブリは出すな!
髪の毛を清潔に、毛が落ちないようにネットをかぶれ、日本ならごく当たり前の事がここではペナルティを付けなければ直りません。
グラスは、曇りの無い様洗え!しかし傷だらけのグラスは綺麗になりません、なぜならスポンジではなくスポンジに付いた
硬い部分でこするのが得意の様です!この方が綺麗になると信じているのです。
彼女らの常識は、お客さんなんか!別にどうでも良いのです!給料をくれるのはボスでお客さんではないのです。
チップをもらう為には微笑むが、プロとしての接客をしているのではありません。
給料をもらう為にウエイトレスの仕事を選んだ、ただそれだけです!接客のプロになるなんて考えた選択ではありません!
お客が怒ろうと、どうしようと関係ないのです、ましてや料理の順番なんて出てきたら食え!てなもんです。
そんなコックにウエイトレス、どんな教育をせよというのでしょう!(気長に教えるそれしかない、人が定着すればそれが根付く)
マニラでは出来ている店もあるではないか?と、お思いでしょう!
それはあるでしょう!マニラの最低給料は450ペソ位です。
料理を提供する値段も高いし、そしてウエイトレスはH・R・Mコースホテルアンドレストランマネージメントの学校で接客を学んだ人達です。
でないと一般的には雇いません、マニラのそんな所と一緒には、なりません!
ここではここバリバゴアンヘレス(田舎の)のルールがあるのです。
今、ご愛顧のお客さんにより店ウッドベルは5年目に入りました、もう2~3年すればミスはもっと少なくなると思います。
気長に根気良く!!今店を持つ 私にしか出来ないことです、そして従業員に給料を払い続ける事。
それが私のボランティアなのです。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP