ウッドベルツアーズ

前の自分と今の自分   

2011年12月14日

私も、フィリピンの病院の事は知っていた!いや知っていると想っていた!
今までにも、何人となく病院を紹介したり、送り込んだり、あそこが良いとか!あそこの施設が悪いとか!
あんまり綺麗ではないとか!目で見て知りえた知識だけで判断しているところがあった。
しかし、国が違えば、内容や考え方がぜんぜん違う!などとの現実は、想定していない!目に見えないところに真実がある。
だからと言って、自分の利用した、特定の病院を非難しているのではない、どこに行ってもほぼ同じことが行われている。
選ぶ自分自身の自己責任の部分を、もっと磨かないと大変なことになると思っているのである。
病院に行くには、デポジット(前払い金)がいる、友人を連れて行った時など、そんなことは想定してお金は用意して行った。
習慣的に先払いをしていた!何も疑わなかった?それが此処の商習慣だと割り切っていた。
では、もし今まで一度も病院に掛かったことが無いような人が、突発的な出来事で病院を利用する時はどうする?
前もって事前調査をする人は少ない、まず地元の人に聞く(一般フィリピン人はパブリック(公用)の病院に行き、あまり私設の病院の知識は持たない(彼らの言葉に惑わされると、安いだけの病院を紹介されることが多い)
同邦の友人知人に聞く、出来るだけ設備の整った病院を紹介しようと努力をしてはくれるだろうが!
もし知人がいない人は?もし突発的な事故で、持ち合わせのお金がないときは?特殊な持病を持っている人は?
特殊な、それも突然起きる、心筋梗塞、脳血栓、脳卒中の類ならばどうする?
もし、私がそんな状態になったら誰が助けてくれるだろう?誰に相談すればよいのだろう?・・そんなことを考えていた時。
折りしも、またまた!知り合いが、この病院に入院したと、友人から知らされた。(私も以前1度お話をした事がある方である)
エーと驚きを隠せない!その友人の話によると、頭の下、首筋の上、後頭部をバットで殴られたみたいな痛みがするという症状で緊急入院されたと聞いた。
私もベットの上、聞いた途端これは救急車でマニラの外人向けの病院(最高の設備と医者が揃っている)に搬送した方が良いと想ったが、自分も身動きが取れない!友人にも話したが、彼も多忙な人。
一刻を争うような事態で無ければよいが!ここもアンヘでは有名で、設備が整っていると聞かされている、ご無事を祈るしかないと思った。
私も少し傷がいえたら同院なのでお見舞いに行こうと思っていた(後日談になるが、聞いた話で大変だったみたい!この話は又後日)
(追伸)お礼申し上げます。
今回、自分の不注意にて、事故入院をし、そのブログを見て、沢山のお見舞いメールをいただきました。
ここに謹んでご心配いただきましたことを感謝し、重ねてお礼申し上げます。
12月14日 ウッドベル 店主 鈴木
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピーナ ライブチャット

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP