ウッドベルツアーズ

また今年もクリスマスシ-ズンがやってきました   

2011年12月20日

最近、お店にご来店のお客様から聞いた話では、この時期日本からの里帰りファミリーで飛行機は満席だったとか!
この閑散としたフィールズとは、打って変わったような、華やかさが有るシーズンに入りました。
年に1度、家族が集まり一時を過ごす習慣のあるクリスマスの日近辺、フィリピンでは全世界からのファミリーが集まりだします。
例年のごとく、このフィールズも18日の日曜日を境に観光客が戻ってきます!
また悪い一面としては、12月のこのシーズン犯罪件数が上がり凶悪犯罪や外国人をターゲットにしたような犯罪も増えてきている模様なので!この時期フィリピンを訪れる一般のお客様には最も注意が必要な時期でもあります。
やっと店もクリスマスの装飾を施しました。
しかし、この国では、10月頃からクリスマスに向け装飾やクリスマスツリー、そしてイベントが多く開催されますが!
今回、当店では、一昨年の様な華美な装飾は控え、外面の電飾飾りも無い質素なクリスマスの飾りになってしまいました。
また予定していたイベントもプレゼントも私の不注意な怪我により中止せざる終えなくなってしまいました。
用意も遅れ、予算も病院代に流用が決まった為、中止もしくは延期と言う事態になってしまいました。
店のクリスマスパーティも(楽しみにしていた従業員にな申し訳ないが)今期は中止と報告をしました。
もし!ここが、フィリピン人の家庭内職的なお店だったら、店は閉店、身売りと言う事態になっていたかも知れません。
そんな事態が、知り合いのフィリピン人のお店に起きていた事については、驚きを隠せませんでした。
今月始め頃から閉店し、フォーセール、フォーレントの看板が店先に出ていたと聞きました!
その理由については、まだ十代後半の息子がバイクで事故を起こし、病院に担ぎ込まれたが、2週間ICUに入り治療を受けたが!!
死んでしまったと言う事にまつわり、その余波らしい事も聞こえてきました!
病院のデポジットに駆けずり回り、親戚縁者を回り金を工面したが、それでも足りず、治療費が払えず!
葬式を出そうにも病院側が治療代を全額払わないと、息子の遺体を家に引き取らせてくれない為、店と設備を売りに出している?
と聞いた!残念に思う!またいつか頑張って再開して欲しいものだ!と希望する。
年の瀬が来、クリスマスが近くなって、そんな悲劇を聞かされ、胸が痛い!私も病院に関するそんな現実を知ったばかり!
協力出来ることがあれば、精一杯の事をしたいとは、思っているが?出来ることはあまり無い!
一見順調そうな家族でも、一歩間違えば一家の境遇をがらりと一変させる、そんなリスキーな国!
それがこのフィリピンと言う国の、側面でもある。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP