ウッドベルツアーズ

4)ドル安円高は当然のシナリオとなる説が定着しつつある!   

2012年01月28日

その前に少し日本の現状についての考察を書きます、
2007年夏のサブプライムローン破綻、08年のリーマンショックは世界経済に大打撃を与え、資本主義というシステムを根底から揺るがしました。(リーマンショックが経済に与えた打撃は日本が一番大きかった見たいです)
日本を支える輸出が、リーマンショックで一気にしぼんでしまったからです。(09年3月頃時点でマイナス12%台まで)
もう一つの理由は、日本がデフレ『景気の悪い状況』にあつたからです!
(デフレ状況では、物が売れにくく、企業収益が落ちるため、賃金も上がりにくく、景気も悪く、債務負担も、実質増える)
そんな時にアメリカ発の金融恐慌があり、世界不況の波にさらされた為、ショックが非常に大きかったのです!
しかし、そんな折、09年末から急激に回復に向かいます!それは中国の経済が順調でだったからです(上海万博の中国に助けられます)
でも日本の状態はデフレ、円高、株安の三重苦になり、2011年は日本の景気後退がはっきり現れ、世界同時不況に本格的に飲み込まれました。
しかし皆さんに知ってほしい事が1つありますそれは、日本のデフレの意味を誤解している人がほとんどだからです。
日本のデフレは、日本経済がおかしいという理由では有りません!日本のデフレは、DEFLATIONの『本当の意味』いわゆる『貨幣的現象』
ではないからです。(貨幣の収縮では無い)
本当の意味とは、通貨量が縮小しそれに伴う物価の下落でありますが、事実上!現在は、ゼロ金利に近く金融はゆるみっぱなしでお金は市中にあふれています。
では何故日本の物価が下がるか!それは中国を始め東アジアの市場統合が進み、日本とアジアの国々との間でコストの平準化が進んでいるからです。
その意味は、自社製品の価格が中国製に近づく、または、自社従業員の賃金が中国の賃金に近づくということです。
それは、国際間の価格のアンバランスを是正する動きであり、品物の価格が落る平均化であり、現在のデフレはあまり恐れる事はないのです。
現在私達は、物作りや、物流の歴史的な大転換期に遭遇していると言えるでしょう!もうアジアの時代が到来しています!
日本はアジアの中で生きるという道を本格的に模索しなければなりません。
もう中国やインドを考える時、経済的な視点だけではなく、アジアの中の日本という視点で考えなければ通用しません。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピーナ ライブチャット

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP