ウッドベルツアーズ

マニラで置き引きにあった   

2012年03月03日

聞いた話) マカティの中華レストランで食事をしていた時、入ってきた4人組の一人にテイブルの横に何か落ちている!
これは貴方のか?と不意に床に落ちている現金を指差され、自分が落としたものと思い慌てて拾った!
そのとき4人組は 私の後と横 左右に立っていた! そのときはあまり不思議に思わなかったが!
2~3分後何気なく自分の置いたカバンを見ると そのカバンが無くなっている事に気付いた!
慌てて、カバンが無くなったと騒ぎ出し、さっきの4人組に違いないと ぴん!と来たので 店の人間に事情を話した。
それならと!店の人間が 防犯カメラがあるので一度それを再生してみてはどうか?と言うので再生をし 見せてもらった。
やはり、下に落ちているお金を拾うと同時に 4人組の一人がカバンが持ち去る瞬間が写っている!
早速ポリスを呼んでもらい、被害届を出す事にした!
到着したポリスは のどが渇いたと言うのでポケットの有り金をはたいてコーラをおごり防犯カメラのテープを見てもらった。
一様 現場検証をして、警官は言う!あなたは犯人を捕まえてほしいか?たぶん カバンの中の現金や物は帰ってこないよ!
それとも被害届のレポートだけでよいか? 
(こいつら何を言っているのか!悪者を捕まえるのが仕事ではないのか?と言いたかったがそれを飲み込んだ)
では 所轄の部署に一緒に行きましょう、そして書類を書きますが貴方はいくらでレポートを書いて欲しいですか?
エー!!被害届の書類を書くのにお金がいるの? (バカにするのもほどほどにせいと怒りがこみ上げたが!)
ここはフィリピン 長いものには巻かれろのたとえでこらえた!
すいません 有り金全部取られたので 今は500ペソしかありません!
これで何とかお願いします!!と言うと 仕方なさそうに作成してくれた!(明らかに不満顔)
かばんの中にはパスポートやカメラ そして帰りの Eチケットも入っており無事帰れるかの方が 心配になってきた!
事前に大使館に電話を入れて置いたので!すぐ書類が出来あがったら大使館に向け出発した。
大使館では、警察で作った書類を持参した為 対応もスムーズにはかどり、予定の帰りの便には乗ることが出来た。
大変ではあったが貴重な経験でした!、また、大事に至らず 事なきを得たので良かったと思っています。
大変貴重な体験談をお話いただきました。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP