ウッドベルツアーズ

チンケさんからの投稿2 バーのねーちゃん、いろいろ・・   

2012年05月26日

GW、年末年始っていう、いわゆる日本の大型連休時期にアンヘに行くと、毎年、顔を会わす日本人氏と遭遇するものであります、ハイ。
で、今回は毎年、年末年始に顔を会わせていた2人の日本人氏と偶然遭遇し、先方、当方共にねーちゃん連れ故、4人での会話という機会が2度ありますた。こういったスチュエーションの場合、自然と日本人同士の日本語での会話、ねーちゃん同士のタガログでの会話となるモノであります、ハイ。
1人目のねーちゃん
ビコール出身で今現在、夫と3人の子供と計5人でアンヘで暮らしている。
夫には職は無く、家の収入はバーのウェイトレスをしている彼女の収入が全てと・・。
当然、ウェイトレスの賃金とチップだけでは家族を養えないんで、BFにも応じている。
夫がいるので基本、ショートしか応じないが、状況によりロングにも応じているという。
夫には「BFはしない」、また、ロングになった場合は「友達とカラオケで朝まで歌ってた」と言ってるようですが・・。
まぁ、夫も気付いてはいるでしょうなー。
2人目のねーちゃん
ルソン島最南端地域出身の19歳で、7人兄弟の一番上。
両親は無職、ってーか、働く気は全くなし。家計の収入は19歳の彼女の収入が全て。
両親はいつも喧嘩ばっかしていて、父親は賭博ばっかやってると・・。
その父親、賭博に行って友人の掛け金が無くなると、「ワシは娘が金を稼いでくれるんで、コレ(金)で賭けれや」と友人の賭博代まで出してやったりしているとか・・。
とまぁ、フィールズのねーちゃん達の見本(代表)の様な2人のプロフィールを書きますたが(以前のじゃぱゆきも、こんなケースが多かったのかも?)、これらとは全く逆で、極めて稀なねーちゃんかと思いやすが、以下の様なねーちゃんも以前、フィールズのバーに在籍していたのも事実であります。
アテネオ(私学の雄、日本でいう早稲田、慶応)出身で家も親の職業もシッカリしていて、本人もOL、学校教員といった経歴の持ち主。
何を血迷ったのかバーで働いてたっていうねーちゃんも・・。でも、こんなねーちゃん、やっぱ短期でバーは引退してますたが・・。
と、まぁ、バーのねーちゃん、いろいろ・・。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP