ウッドベルツアーズ

あえて誤解を恐れず(5)   

2012年09月18日

私の住屋は名古屋の中区にあります、散歩で近くの公園に ふらっと立ち寄ってみた。
おとなしくベンチに座るカップル、おとなしく遊ぶ子供!私の子供の時とはずいぶん違うな!と感じました。(私の子供時分は 寄ってたかって大暴れ!!)
たまに自転車が中を通るとガードマンに危ないから自転車を降りなさいと注意を受けている おばさん!
スケボーはいけない!ローラースケートはいけない!野球、キャッチボール禁止!
暴れてはいけない!集団はいけない!いけない!いけない 事ばかりの禁止項目が並ぶ、公園?公共施設?
それなら これらの遊びはいったい どこでやればよいのでしょう?
私が思うに、これは施設を管理する役所の 事なかれ主義が災いしていると思います!
しかしその側面をサポートしているのは、何でも!国や自治体、公共施設の管理者や役所が悪いという人達がいるからです。
確かに危ないものもありますが!ことさら、誰かが池にはまれば、池に柵をしないのが悪い!電車道の路線管理が出来ていない!人が自転車で転べば道路管理が悪い!一面の真理は解りますが、これが行き過ぎると、禁止や規制でがんじがらめにされてしまいます。
自転車でけがをしたなら、それに乗る人の責任です!
子供にスケボーを許すなら、親はリスクもあることを覚悟しなければなりません!
人は危険を経験しないと解りません!喧嘩もしないとその痛さも加減も解りません!
まだ危険を伴う年齢なら親が同行するのも良いでしょう!
規制 禁止で育つ子供はどうなるでしょう!一見平和そうに見えても!
発散できなくて溜まるストレス エネルギーは膨大なものになっているだろうと思えます。
これは必ずはけ口を人生の中でもとめます。
校内暴力、いじめ!家庭内暴力(閉じこもり)社会への拒絶に始まり、集団リンチ 人殺し テロ!
事の始まりは社会での最小単位、夫婦 家庭にあると思います。
将来の大人!子供の教育責任は、親にあります。
親の責任をどう果たすか!・・そこのところが一番肝心のように思います。
人をゆるし、自分には厳しい そんな人間が寄り合う社会でありたいと願っています。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP