ウッドベルツアーズ

久しぶりにチンケさんからのメールが届きました   

2012年10月08日

どうもです。知り合いのピナのねーちゃんから、アンヘのねーちゃんの現実を物語っているメールが届き、アンヘファンの皆様には興味深いのでは?と思い、送らせて頂きました。
以下の内容は、ワタクシが「アンヘのフリーペーパーには家を売りたいっていう広告がよくあるけど、外国人がバーのねーちゃんに高い家を買ったものの、金が無くなったんで売りたいんじゃないの?」っていう問いへの返答です。
以下、直訳であります。(よん と言う節回しは彼独特の書き方です)
「それはアンヘのバーやレストランにある小冊子で、ブルーブックはよく知ってるよん。高価な家だけじゃなく、車、ビーチ、バーも売りに出されていて、そのほとんどは外国人の所有で、彼らは即座に売りたがってるよん。
私はアンヘで、外国人のボーイフレンドから家を買ってもらった女性を数人知ってるよん。
でも、彼女達は家を買ってもらいながらも、ボーイフレンドがアンヘにいない時は、他の男性と遊んでいたよん。
彼女達は贅沢な生活を与えてくれる男性なら誰でもよくて、ガールフレンドに選ばれてラッキーって思ってるよん。
モチロン、それは彼女に何かを与えることが出来るまでのことであって、それが出来なくなれば、そのボーイフレンドを捨てて、新しいボーイフレンドを見つけるだけのことだよん。
これらの話はアンヘではヒジョ~に一般的だよん。
フィールズのほとんどの女性はこれらの為にボーイフレンドを探してるんだよん。
もし、彼女たちがボーイフレンドを見つけることが出来たら、彼女と、その家族はお金を待ってるだけのことだよん。
これら彼女達、そしてその家族の生活の全ては彼女のボーイフレンドに寄りかかってるよん。」
とまぁ、これらを読むと、日本人とじゃぱゆき(典型的なお水ねーちゃん)という、以前のじゃぱゆき時代が頭をよぎった次第でありますた・・。
因みに上記の返答メールのねーちゃんは、短期間、フィールズのバーに在籍した後、今現在は故郷でのビジネスがそこそこ順調っていうねーちゃんであります、ハイ。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP