ウッドベルツアーズ

復讐   

2012年12月03日

法に立ち向かう不信感が原動力!
韓国映画界の新たな挑戦で、現代世相を写す問題提起か?
本来 法は弱者を守るためにあるが!!しかしいつでも法は権力者側に着き!物言えぬ弱者を踏みにじる。
そこで権力者の政治家や 法の番人 裁判所や検察、警察に守られる権力者を!個人(家族)で立ち向かう姿を映した映画が注目を浴びている。(復讐劇)
いつの時代も弱いものがいつも損をする(苦しめられる)
韓国では、法そのものの在り方が、問われていると言えるかもしれません。
弱いものが牙をむき、個人で戦いを挑むこんな事は映画の中でしかありませんが!
その姿に共感を覚える人たちも韓国国内では多いのではないでしょうか?
今 韓国の立場が微妙です、世界からそっぽをむかれないうちに自浄作用が必要でしょう。
韓国内の心ある人達をわれら日本人も応援してはいかがでしょうか?
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピーナ ライブチャット

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP