ウッドベルツアーズ

ぺナルティで金銭授受も刑罰の内   

2012年12月19日

警察は腐っている、此処の警察はまるでヤクザ、金さえ払えば何でもできる?
そういわれているが!あまりにも曲解が過ぎる!フィリピンの警察は、法がまだちゃんと機能している。(Kさん談)
警官の裁量にゆだねられている部分もあるが、日本で やっていけない事はこのフィリピンでもやってはいけない、多くの人は悪いと言われていることをやり、それで目を付けられると警官が賄賂をほしがると言う!
一介の観光客が水商売風の女を連れていれば買春と思われ、道に不慣れな外人がハンドルを握ればブワヤ(交通ポリスの別称)の餌になる。
見えにくい信号に、その場逃れの一方通行、いい加減な その場都合の規制に間違いも頻発、すぐにバイオレーシヨンと切符を片手に、免許を取られたくなければ金を払えと迫ってくる。
これがまともな警官か?でも違反は違反 法の執行の手順は違っても?ペナルティは付いて来る!
取り締まりがご都合主義でも、フィリピン人には甘くても、間違いを犯した方に非があることは間違いはない!
それを でも!あいつは見逃して 俺は見逃さないのか?と運用を怒ってみても仕方がない!
素直に非を認めて罰金をドネイションで償う!これも法を維持する為には必要な事?
警官の必要経費を払う事で警察機構を維持しているのだと思えば腹も立たない?
麻薬にシャブ、幼女レイプに買春と大多数の外国人がそれを求めてやって来る国ならば こそ!
捕まえれば、刑務所は一杯、殺人やテロ、凶悪殺人強盗でなければ、高い賄賂を請求し お灸をすえれば それで許す?それが現状でしょう!
しかし、それが払えない罪人は、見せしめの為に正規の刑に服させる!金があるかないかで天と地の対応の格差ではあるが、それ以外の選別が出来ない事も現状です!
なぜなら!金の無い人間は、それ以上の悪さを考えだすからだと?(それも道理である)
ほとんどは不良外人、国内重罪犯が捕まる、フィリピン警察官だって人間 血も涙もある。
刑務所に入れば国選弁護人(パオPAO)無料の弁護人も付く、もしその人が本当に無実ならロイヤー(パオ)も頑張って自分の実績の為に その人の側に付く、また社会正義だってこの国にはある。
汚れた警官(法を拡大解釈しセットアップを画策し私腹を肥やす警官)も確かにいるが!
大多数はけっこう真面目で、悪い警官である上司に付いた下っ端は(例外)気の毒だが!逃れられない運命となる。
しかしフィリピン警察機構の中には警察官を取り締まるセクションもあり最近は内部浄化に勤めている。
大まかな意味で 犯した罪に弼的する多額の罰金を払い罪を逃れる伝統、警察ドネイションはここ当分変わらないと思う!話が少しそれた・・・本題に戻すが、長くなるのでまた明日に続く。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP