ウッドベルツアーズ

アンへレス事件簿)白人のスリにご用心   

2013年03月07日

日本人だが、オーストラリア在住の 元日本食レストランの経営者である人から聞いた話。
前回、帰る間際に 約6万ペソぐらい入った財布を抜き取られてしまったというのである。
具体的にはどういった 感じだったかを 聞いてみた!
明日 帰国用の航空券を買うために 支払用のペソを両替しておこうと決め フィールズの両替商でオーストラリアドルをチエンジした。
その時 側にいた白人に なんとなく鋭い目つきを感じたが 白人なのであまり気にも留めなかった。
しかしその後 着かず離れず その白人らしき人に出会う!
何か 変だとは、気付いていたが 同じ様にバーホッピングに来ているのだと思っていた。
そして、何軒かのバーに入りビールを飲み、続いて少し大型店に入り酔いも手伝い、肩にかけていたカバンを ボックス席の自分の背中の席においてしまった!
折しも ステージから、私めがけ風船が飛んできた!ステージのダンサーと風船飛ばしの応酬に夢中になっている間に、どうも取られてしまったらしい!(反省しきり)
数分が過ぎ、ふと気が付き 振り返って 席のカバンを見ると、留め金とジッパーの口が開けられ放置されている!
一瞬アレ!おかしいと思い中を確認すれば財布が無い!
数枚のカードと さっき両替したばかりの現金入りの財布がなくなっている!
少し青ざめて 周りを見れば、自分の後ろ側に座った白人の姿もない!
実際抜き取る現場の姿を見たわけではないので、彼が犯人という確証はないが、でも!あいつに違いないという確信に近い感じがあるという。
お店の人間と 近くのポリボックスに盗難届けを出した後、すぐホテルに帰り電話でカードの紛失(盗難)届も急いで出した。
ちょっとした油断が悔やまれて仕方ないが!分散しておいたお金が まだあり 帰国に支障はきたさなかったが、白人と思い油断したのが間違いであったという。
警察でも供述したが、たぶんあの白人に違いないと思う!
フィリピンでは白人と言えども危ない存在である事をもう一度再確認しよう!
此処では、人を見たら泥棒と思えの諺が生きています。
警戒が必要です、たとえ同邦だとしても、よほどの知り合いでないと!気を抜かない事が大切です。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピーナ ライブチャット

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP