ウッドベルツアーズ

前回の車を強奪された人に付いての別情報   

2013年03月27日

ある友人が訪ねてきた、鈴木さんこないだの(車の強奪)情報どうも間違って伝わっている様です!
あれは強奪されたのではなく、車のローンを払えなくなったSさん宅に ローン会社の人間が 車を回収に行き、車を持っていかれては困る本人との間のいざこざのトラブルで、無理やり車を持っていかれたという情報が、どこかで強盗に逢い持っていかれたという話にすり替わってしまったみたいです!
私)が話を聞いた人は、現地に詳しい 桜0さんという人ですが、警官のコメントまでつけてくれたのに、ずいぶん話が違いますね!
たぶん警官の話は、桜0 さんから、聞いた状態の話の内容で コメントされたものではないかと思われます。
本人や家族が無事で なおかつお金も取られなかった状況を見て判断したコメントだと思います。
すぐ選挙と結ぶ付けるくらいですから案外、車を奪われる状況が、よくある事件なのかもしれません。
なかなか情報というのも正しくは、伝わりません。
日本人という、仲間内で起こった事件さえも、こんな程度での伝わり方です!
しかし、そんなあやふやな情報の中にも真実がちりばめられています。
現在選挙の為のガンバン(拳銃を持ち歩く許可が出ない)銃弾1ケに着き1年の投獄というルールまであるそうです!射撃好きの私でも5月まで当分自分の銃は使えません。
そんな、銃の規制があるにもかかわらず、奪った車を使い、敵対候補に銃弾を浴びせるという行為が後を絶たないらしい。
また相手候補を直接狙った犯行(選挙相手が死んでしまえば自分が優位に立てる)もこのフィリピンではよくあるのだそうです。
脇の甘い日本人には(安全と水はただ)という常識の中で育った日本人には、別の意味で良い警鐘になったかもしれません。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP