ウッドベルツアーズ

S田氏に対するアドバイス続編   

2013年04月06日

口ではどうのこうのと御託を並べても!やはり私のおせっかいの癖は治らない!
もし大使館が動かない時は、どう後押しをしようか?と思案を始めていた!
S田さんに、もっと詳しくその方の身辺調査を聞きこんでほしいと頼んだ。
兄弟は、親戚は?誰か知り合いはこのフィリピンにいないのか?
日本の奥さんや子供は?
一体今までどうやって生きて来たか?
どうしてフィリピンに来たか?ビザはどうしていたのか?
なぜ、このアンへレスに住んでいるのか、の情報がほしいと!
そんな話をしているときに、日本大使館の電話をした担当者から連絡が入った様だった。
どうやら家族から連絡が入り一切の費用は持つから日本に帰してほしいとの連絡が入ったと言う返事が来たという知らせだ。
それも、オーストラリアに住む娘さんからの連絡らしい?
そんな人がいるの?S田さん・・・?あまり聞いた事がありませんが!なんかアメリカ人と結婚した娘がいるとかいないとか?ちらっと聞いただけで、そんな程度でしか解りません、一度確かめてみます。
2~3日程度たった後、S田さんがお店に訪ねてきた、色々解りましたがプライベート性が高いのでブログへの掲載は止めてほしい(プライベートは表記中止です)
ただ彼の弟さんの話では、会社がうまく行かなくなった際に、返済に充てるはずの残りの会社の資金をすべて持ってフィリピンに渡ったらしい!事。
残された家族は大変な思いをした事!など、など!日本には多大な迷惑をこうむった人たちがいるらしいことは、察しが出来る。
ご本人は、帰りたくとも帰れない 事情が、彼の話から垣間見える。
フィリピンに残っても地獄、日本に帰っても針のむしろ、しかし個人の理由の内容までは、私共ではどうしょうもない!
大使館もフィリピン政府との折衝もあるので1カ月ぐらいの時間の余裕は必要という!
どうもノービザでの滞在であったようだ、でも何とか国に帰る段取りは出来た様なので、これ以上首を突っ込むのはかえって迷惑になりかねない!
関係者各位に感謝の意を表して、これ以上の介在は止める事にした。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP