ウッドベルツアーズ

フィールズのバーで一日2回のトラブルに遭遇   

2013年04月07日

驚きの体験を、お客さんから聞いた)昨日の夜バーカンボジアでの話だそうです。
一回目のトラブル!カンボジアの階段を下り中央位のボックス席に陣取り、中で飲んでいると相当出来上がった外人2人が入ってきた。
純粋な白人というよりは、どちらか中近東の匂いのする2人連れ 大きなクマのぬいぐるみを持ちかなり酔って威勢が良い!
入って来るなり、皆に愛想を振りまく。ハローハローとご機嫌上々 店の女の子たちにも愛想を振りまき、そのノリで女性たちが踊る手前のカウンターに躍り上がり、曲に合わせダンスを披露!
音楽もノリにノッて皆の注目を浴びる、調子よくダンスを続けるも何の拍子か女性たちの踊るステージ側に降りようとしたのだろうか?
その拍子に何かにつまずいたのか?頭から落ちた様だ!一瞬の出来事で急に見えなくなったと思った瞬間、女の子(ダンサーたちが騒ぎ出した)頭を打ってお客さんが動かない!
(悲鳴に近い声で大変だー!!ダンサーたちが叫ぶ)
スタッフの男性たちが様子を見るも、身動き一つせず頭を強く打ったようで 微動だにしないと言う!スタッフの動かすなーという声があちこちで聞かれる!
一時店内は、騒然とした 私も動かず成り行きを見守ったが20分後位サイレンとともに救急車が到着しポリスも共に入ってきたという!
店の人間から事情を聴くポリス、救急隊員たちは狭いカウンター内の踊り場で作業が始まった。
カウンター越えの奥まったステージの上で、患者の男性をタンカにぐるぐる巻きにしている。運び出すにも大変だ!
私も会計を早く済ませて外に出たいと思ったが、成り行きを見守つた。
あまり目立ちたくはなかったからと『お客さん談』である。
その後 救急タンカに乗せられ患者さんは運び出され、やっと店の中に静寂と活気がもとに戻りつつある時、今度はとなりに座っている日本人とその彼女が(2人とも痩せた若いカップル)なぜ日本人と解ったかは、日本語で話し 若い日本人は英語が出来ない様子だった。
カウンターの中にいるダンサーと、日本人の隣にいるその彼女とが 喧嘩を始めた!
みるみる間に、今度は女二人の取っ組み合いとなり、殴り合いが始まる!(びっくり驚いた!)
見ている方が呆然としていると タンカを運び出して もどって来た男性従業員が 今度は2人の女を引き離す!興奮は最高潮に達し、女2人は、収まりきらない!
二人の女は激しい口頭の攻防戦を続ける、店のダンサーは外に一時出されるが、それでも戻って来て!はいている靴を脱ぎ女に向かい投げつける!
でもそんな時に限って女には当たらず、隣に座っている僕に向かって靴が飛んできて当たる!
他のお客に迷惑がかかると判断されダンサーは2階に男性スタッフに無理やり連れられて、上がって行き、喧嘩相手の女性と客の男性はすぐに会計を済ませ出て行った!
こんな事が起こるんですねー!フィールズという処は、僕も初めての経験にびっくりでした!
僕も靴を投げつけられる被害にはあったが、そうたいした怪我もなく会計を済ませ 彼女と外に出た、本当に驚いた体験です!また!マスターのブログの話のネタになると思いお話ししました。
私もブログのフアンですので、これからも楽しく読ませてもらうので、頑張ってくださいとの応援をいただきました。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP