ウッドベルツアーズ

亡国の果てに何がある   

2013年04月13日

このところ話題の絶えない北朝鮮ですが、威嚇と脅迫に似た動きは、何を求める姿なのでしょう?(ミサイルの移動らしき動き)
国際社会から譲歩(核開発)を求め、なおかつ支援を引き出す切り札なのでしょうか?
暴発をしたところで、破壊と混乱だけが待っています、そんな事はちょっと考えれば解る事です。(北朝鮮の上層部も解りすぎるほど解っているに違いない)
今イランの核開発の問題で国際会議が開かれています、そんなタイミングで挑発を繰り返しているのでしょう!(攻撃は絶対されないとでも思っているのでしょう)
第三国の思惑と代理緊張を引き出す意味もあるように見えます。
いつまで続くのでしょう!大国の影のかけ引きは、アメリカも今は戦力を消費したくないタイミングで、なるべく穏便に済ませたい姿勢を打ち出しています。
日本は、相手に攻撃されなければ小銃1発も打てないお粗末な防衛で、どう国を守ろうと言うのでしょう?(攻撃などされないと信じているのでしょう)
国を守る事に命を掛ける事が出来ない軟な国民を育て、長い歴史に培われた文化が崩壊の憂き目にあっている現状を、先の大戦で国を守る為死んでいった300万人の将兵は、どう思うのでしょう!
日本はもっと自立した外交をしてほしい!アメリカの影を踏まないと物言えない日本では、犠牲となった300万の将兵が悔し涙で泣いているのではないでしょうか。
日本をいや世界を脅すものには鉄槌を食らわす、そんな姿勢こそが防衛の第一歩だと思うのですが?
にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP