ウッドベルツアーズ

馬と鹿で!バカと読む   

2013年04月19日

ばか バカ 馬鹿は死んでも治らないと よく言われる。
権力者の前では白い物も 黒く見えないと 従順ではないとされる物語の中に出てくる。
現在日本でつかわれる意味とは少し違うが、この言葉の語源とされるのは、はるか昔中国での話である。
時代は、戦国史に語られる,項羽と劉邦が活躍した時代の時と、何かで読んだ記憶がある。
ある王様に近い権力者が、名ばかりの王様に馬を献上するとして 連れて来たのが 何と 鹿、王様がこれは しか ではないかと家臣に問えば、権力者に追従する者たちは、これは馬ですと答え、王様に近い者達は これは しか ですと答える。
後日権力者側に着いて、これは馬だと言わなかった家来達は、一族郎党すべて抹殺されたと言う話から来ている。
家臣たちの従順さを見る為にあえてこんな事をしたのだと言う!
今の日本を動かしている人の中にも、大馬鹿者たちは沢山いる、今どこの勢力が一番強いか、どの勝ち馬に乗ったらよいか、と日和見的な事ばかり考えて右往左往している。
政治とは何か、国民の100年の計を考え国民の為に心を尽くす人のことを政治家と呼ぶ。
今、名古屋の市長選も終盤戦、愛知、名古屋の未来を見据え、人や企業の 成長戦略を真剣に考える人でなければならない。
国と力を合わせ、日本の成長の為、女性の労働力の利用また、高齢者の雇用と対策など、国に欠かせない資産の運用を考えなければならない!(特に女性には、産休問題、待機児童の問題などがあり、まだまだ働ける高齢者への支援問題等法整備が必要)
私も微力ながら4月21日1票を投じてくる、自分も馬鹿の仲間でない事を祈りたい気分だ。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP