ウッドベルツアーズ

60代からの性   

2013年04月28日

同級生にも優秀な人はいるもので、日本に帰った時に連絡を取り合った一人である 友人の大学教授から聞いた話である。
私は、若い頃 還暦を過ぎたような人はもうセックスには興味が無くそんな事はしないなどと若気の至りで思っていた。(当然人は年を取れば枯れていくと信じていた!)
しかし、自分がその年になって今どうかというと!まだまだ現役と言う感じが残っている。
いや!まだまだである、70代80代の人までこのアンへに来て 若い女の子達と遊んでいる現実がある。
友人の教授に言わせれば、歳をとればセックスレスになると言うのは 実は嘘だと断言する。
特に現代においては、平均寿命が延びロングライフが続く今 セックスというのは生命力の表れ!
いわば、生命力とは生き物(動物)としての光源であると!
セックスライフが充実している人が輝いて見えるのが現代人ですよと!
私の友人の中には、もう私は枯れました などと言う人もいるが、教授に言わせると歳をとったから 枯れるんじゃない、セックスをしないから枯れるのだ!もう枯れたと思う 思い込みこそが 本当に肉体を徐々に枯れさせてしまうという!
でも!とはいえ 歳をとれば体が言う事を聞かなくなるのは現実ですし、私は 本物のEDなのです。
早い話 若い時のようには勃たなくなる、問題はこの肉体の壁をどう乗り切るかという事に尽きるのだが!
教授曰く 男は必ず性機能は年と共に衰える だからこそ それはそれで認める事です!
男らしさにこだわるのは、50代まででよい、60を過ぎたら男らしさを見せようとは思わない方が良い!
60代になっても30代や40代の勃起力と持続力を求めようとするから悲劇が起こるので、自然体でいいのじゃないですか!
ダメなときは駄目で あとはテクニックでカバーして、第一線じゃない輝き方もあるんですよと!
男として一番いい時期は過ぎた、でも男は 男が勃たなくなったら女をチヤホヤするテクニックを磨いたらいいとまで言う。
気分が高まったら、挿入して果てるだけという直線的なセックスとは一線を画し、男女融合を呼び起こす様な喜びに触れるセックスを追求し、若い時の様な、生殖活動から解放された大人のセックスを目指すべきだという。
それこそが60代のセックスだと言えるのではないか?
教授は言う、セックスに定年はない、むしろ歳を重ねた方が味わいが増すと?・・・・?
つづく
にほんブログ村 海外生活ブログへ    アンヘレス/クラークでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP