ウッドベルツアーズ

人間はいくつになっても性的生き物   

2013年04月29日

人間のセックスとは何か?この哲学的な問いに対しては性とは触れ合う事であり、心と体を触れ合わす事が性の本質なのですと返された。
日本人は、ある時代から仏教に儒教の思想が加わり、その影響を受けたことにより性への見識が狭まった!
いい年をしてセックスなんてと言われるようになってしまいましたが!
それまで日本人は、神代の神話の時代から性をおおらかな自然の営みとして、受け止めていたようです。
性に年齢は関係ありません 女性にしてもそうです。
大岡裁きで有名な江戸時代の南町奉行、大岡越前守が30才も年上の女に誘惑されて不貞を働いた男を裁いた際に、母親に女はいつまで性欲があるかと質問した時!
母親は、黙って火鉢の灰をかき混ぜて『灰になるまでと』と教えた話は、今日まで伝わる有名な話しです!
男にとって60は変調の時、ずいぶんダメになったと思う弱気の虫が 実は体の不調と大きく起因している場合が多いのです。
60を過ぎたなら糖尿病や動脈硬化の様な生活習慣病にならないよう心掛けるとか、有酸素運動を続けるとか(有酸素運動はストレスホルモンの発生を抑制するエンドルフィンという物質を分泌させて精神的な自信をもたらしてくれます)が大切です。
ただし、60代の人は何でもやり過ぎは禁物。過度の運動は、体内の活性酸素の量が増え睾丸機能を低下させる事も有るそうなので気を付けるようにと言われました。
適度な有酸素運動と共に重要なキーワードはセックスの継続だそうです。
我ら60代の性機能は、セックスをしないでいると性機能が著しく低下するのだそうでだす。
その病名は、廃用症候群と呼び、継続してセックスをしないと陥る病気だそうです。
教授曰く、60代でも週に最低1度はセックスをしないと、いけないそうなのです。
そういう学説を説くのは、富山大学名誉教授の 塚崎幹夫先生 現在82才だが76歳の時に書かれた『老いても枯れず』の中に自身の性生活について書かれ セックスは1日おきと告白され注目を浴びたそうです。
現在でも週2回は欠かさないとの事だそうです!ワーオーすごい!(聞いた話です!)
塚崎先生曰く、人間がセックスで消費するエネルギーは1分間に6~7カロリーこれは階段を上る時に必要とするエネルギーに等しいのだそうです、だから?!
階段を上る体力さえあれば 何才になってもセックスは出来るという事なのです。
その尊き教えを実践しましょう!
高齢になればなるほど、食生活は大事で 食事は肉類を中心とした食事にし 肉、魚のバランスが大事だそうです、そしてもう一つは?継続は力ということです 何度も言いますが 60代でもセックスを続ける事が一番大切になるようです。
いかがでしょうか?ご同輩!自分も頑張らなくてはと思われたでしょうか?
思ったことを書ききれませんでしたので明日にもう一度だけ続きます。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP