ウッドベルツアーズ

いま日本人に一番大切なのは多様な価値観です   

2013年05月07日

済みません!最初に謝っておきますがこれも日本スタイル つまり衝突を避ける手段です。
でもこんな事でお客さんに叱られたことがあります。
焼き肉を2人分注文されたお客さん、お客が4人様のテーブル、他の方は違うものを注文された。
早くタレを持ってこんかい!怒っているお客さんにウエイトレスも困惑気味、意味が解らず私の所にお鉢が回ってきた。
私も何が起こっているのかわからず、すぐお客様のテーブルに飛んで行った!どうかされましたか?
と声を掛けると!あなたがマスターか?はいそうですが!お客が4人なのにタレが2人分しか来ていない!
お客が4人なら4つ持ってくるのが当たり前だろう!あんたは従業員に何を教育している!こんな事では、お店に お客は 二度と来ないぞ!言い訳は聞かず、まず聞けと説教をされた。
従業員(ウェ一トレス)との話は、タレは別注文ですとの話に激怒されたみたいでした。
これを読んで皆さんはどう想われるでしょう日本の常識?今のミニ日本の状態です。
日本は国際化とか アジアの優秀な人間を受け入れるだとか、価値観の多様性を認めなければならない等々 いろんなことを言ってはいますが 優秀なのは俺達だけ 後はアホばっか!と決めつけて すべては俺たちの価値観に合わせろと言わんばかりです。
そんな時に、やはり日本の企業体質と同じだなー!なんてとっさに思えてしまいました。(頑固な男社会)
世界中の有名の企業のように、日本のトヨタやパナソニックに何人の女性役員がいるでしょう?
日本の一部上場企業に何人の外国人女性の役員がいるでしょう?
世界の人口の半分は女性です、そんなニーズも知らず ましてや自分の奥さんのニーズも気遣いも解らない人に、世界の価値の多様性を説くには、とても難しいと感じました!
日本人がやっていると言うだけで、様々な国の多様な価値と働く思いを勘違いし 認めようとせず、その国の人の考えを認めないで、自分の思いを優先し一方的な考えを押し付けると言う点では 日本はとんでもない後進国です。
まずは相手の話を聞き 自分の主張をする、切磋琢磨が 摺合(すりあわせ)摩擦の起きない関係作りと言う物ではないでしょうか? 特に外国にいると言う現状では、とても大切な事だと思います。
これからは、こんな事こそが日本人の真の課題では ないでしょうか?
にほんブログ村 海外生活ブログへ    可愛いピーナとの出会い

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP