ウッドベルツアーズ

あわや!バイクで接触事故   

2013年06月01日

普段からバイクは危ないと言われている。
でも近所くに行くのに わざわざ車を引っ張り出して移動するのもストレスが溜まります。
小回りの利く手軽な125CCのバイクで、たいていは動き回り 用事を済ませます。
しかし、このフィリピンには、交通ルールなどという意識は微塵も無い!(本当の話)
あるのは自分中心主義、つまり自分勝手な運転そのものです。
ぶつかりさえしなければ何でもアリで!乗っている人の安全、相手の安全、交通安全、なんてどこ吹き風とばかりに、何も考えずに前に進む事だけで運転している。
万が一?なにそれ!事故に逢った時は、事故に逢ってから考えると言う具合で、安全の意識などまるで無い!それだから私達 日本人ドライバーには恐怖に映ります。
この間 遭遇した、もう少しでぶつかる所を間一髪ですり抜けた経験を書きます。
車道の間ん中で止まり左側の扉を開ける!(左側通行でもあるにかかわらずだ!)
降車する人があるのなら左側に止まり下ろすのが当たり前なのに車道の真ん中で止まり!
急に左ドアを後方も確認せずに開ける。
左後ろを走行する私のバイクの目の前でドアが開き、慌ててハンドルを左に切るもあわやドアに激突するか!と言う、微妙なタイミングでかろうじてよける事が出来ました。
心臓はパクパクしバイクを止めて睨み付けるも、そんなの降りた人間の問題さ!と言わんばかり、何もなかったように無視をして 涼しげな顔で車を発進させる。
怒鳴った!!!このバカタレ~~がむなしく響く!
降りた男も駆け足でどこかに消えた、後を追っかけ ぶん殴ってやりたかったが!ここは異国(怒っているのが解るのか?早足でどこかに逃げた!)
ガードマンもぼんやり見ているだけ!話にならない!
自分の気はまだ収まらないが、事故にならなくて良かったと思い直して!
気分を切り替え店に戻った。
にほんブログ村 海外生活ブログへ    フィリピンでのホテルの予約

マスター 携帯 0921-585-4330  
日本から 63-921-585-4330
  ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木) ラインID 09089976800(ウッドベルトラベル 鈴木)
 マスターへメール お問い合わせ

 

BACK TO TOP